筋肉マップを使って、効率よく体を引き締め!

筋トレ中の人も、これから始めたいと思っている人も、最低限知っておきたい筋肉マップと筋肉の特徴をご紹介します。

美ボディ作りをするには、まず自分のカラダに興味を持つことが大切。「今自分がどこを引き締めているのか」「自分が目指す体にはどこの筋肉を鍛えればいいのか」を、知っているのと知らないのとでは効果が全く違ってきます。カラダ作りも知識を使い、目的意識を持って励んで下さい!

 

体前面の筋肉

1
■胸鎖乳突筋
胸鎖乳突筋は、首の安定、屈曲(アゴを引く、うなずく動き)、回旋(左右に回す)の際に使う筋肉です。圧迫や刺激、冷えなどによって緊張しやすく、首のこりや肩こり、頭痛など引き起こしやすい部位でもあります。 バストアップにも効果大

■三角筋 
ここを鍛えると肩が大きくなるので、逆三角形のたくましいシルエットを目指す男性にはオススメ部位

■大胸筋
一般的にいわれる「胸板」の部分の筋肉。ここを鍛えることで男性は、厚みのあるたくましい胸に、女性はバストアップした美しい胸に効果があります

■上腕二頭筋
いわゆる「力こぶ」と言われる部位

■腹直筋
腹直筋は、お腹の真ん中を縦に覆っている筋肉で、「6つに割れているお腹・シックスパック」を作る際に必要な筋肉。腹斜筋と共に内臓を正しい位置に固定するコルセットの役目も

■外・内腹斜筋
腹斜筋は、外腹斜筋と内腹斜筋の2種類から構成されています。両部位とも斜めに走っている筋肉なので、腹斜筋といわれ、いわゆるくびれを作る筋肉。また、内臓を正しい位置に固定するコルセットの役目も

■大腿四頭筋
大腿四頭筋は、体の正面側(前面側)の太ももの部分に存在する筋肉。下半身引き締めに効果大