ノルウェーのお酒の種類ガイド

北欧ノルウェーのお酒

じゃがいもの蒸留酒アクアヴィット、ビール、ジン、ウォッカなどノルウェー産のお酒を大特集!

北欧ノルウェーで定番のお酒の種類とまつわるエピソードをご紹介します。代表する地酒といえば、まずは蒸留酒アクアヴィットとビールです。国産のお酒の特長は、樽熟成にこだわったものや、北欧で大量に採れるベリーやじゃがいもを使用したフレーバーが多く、酸味があること。また、冬限定のお酒にはスパイスやハーブが使用され、味の濃い黒ビールが目立ちます。

ビールやアクアヴィットは歴史が長いですが、ウイスキーやカクテルはこれから開花しそうな注目分野です。またオーガニックのお酒はこれからさらにブームとなっていきそうです。そして、国産のお酒に負けず劣らず国民の生活に深く浸透しているのが輸入ワイン。寒冷地のためワイン製造はできませんが、国内のワインブームには目を見張るものがあり、輸入ワインを独自の手法でブレンドしています。

スーパーでは4.75度未満のアルコール度数の低いビールとシードルは販売されています。地元スーパーのみを訪れると、「ノルウェーにはこれしかお酒がないのかな?」と思ってしまいがちですが、その他の強めのお酒の購入はアルコール専売公社か免税店、試飲は飲食店でのみとなります。

詳しくは別記事「ノルウェーのお酒事情」「酒のお土産が買える国営酒屋のアルコール専売公社」にて。

ビール

ノルウェービール

ノルウェー人が日常的に一番消費している地酒はビール

実は国産ビールが豊富なノルウェー。ビールは年間を通して最も人気があるお酒のジャンルです。料金的にもほかのお酒と比較すると割安で、スーパーで簡単に購入できるために、若者から年配まで幅広い層に人気があります。

詳しくは別記事「北欧の酒 ノルウェーで買うビールのお土産」にて。


じゃがいもの蒸留酒アクアヴィット

アクアヴィット

ノルウェーのお酒の王道といえばアクアヴィット

ノルウェーの伝統的なお酒は、じゃがいもの蒸留酒であるアクアヴィットです。スカンジナビア諸島で一般的なアルコール度数が40度以上の癖の強いお酒です。ビールと交互で飲むことをノルウェー人は好み、専用グラスも販売されています。

詳しくは、別記事「北欧ノルウェーの地酒 蒸留酒アクアヴィットのお土産」にて。


ワイン

ノルウェーのワイン

ノルウェー人は外国産ワインが大好き。チーズと一緒に楽しむ

寒冷地のノルウェーでは残念ながらブドウの栽培が難しく、開発に取り組んでいる研究者や業者はいますが、現時点ではこれといった国産ワインはありません。しかし、ノルウェー人も日本人のように外国産ワインが大好き。専売公社では、店内のスペースの多くをワインが占めていることからも、絶大なワイン人気が明らかです。

専売公社では、夏はロゼと白ワイン、冬は赤ワインが人気だそう。また、ワイン初心者の若い人は甘めの白ワインを好み、大人の女性は白ワイン、男性は赤ワインを好む傾向があるとのこと。ボジョレー・ヌーボーの解禁日は日本では話題になりますが、新酒はノルウェーでは注目されません。

ひとつ変わった唯一のノルウェーブランドのワインがあります。その名も「赤ワイン」(RØDVIN)。ノルウェーのArcus社が欧州産の異なる複数の輸入ワインをノルウェー料理に合うように国内でブレンドしたものです。物価の安い北欧他国で、お酒を規定以上に購入する人が多いノルウェー。国境で没収した大量のワインの処理に困った関係者が、思いつきでそのワインを混ぜ合わせたことが始まりとされています。
  • Arcus Rødvin (750ml アルコール度数11.5度) 100ノルウェークローネ
また、クリスマスの時期になると、「グロッグ」と呼ばれるスパイスをブレンドしたホットワインが人気があります。詳しくは、別記事「北欧の冬酒 ホットワイン「グロッグ」のお土産」にて。