オスロ国際空港から市内へのアクセス方法は4通り!

エクスプレス・トレイン

オスロ空港から市内へのアクセスに多くの旅行者が利用するエアポート・エクスプレス・トレイン (C) Flytoget

オスロ空港(別名:ガーデモエン空港/参考記事「オスロ・ガーデモエン国際空港」)からオスロ市内へ向かうときは、中心地にあるオスロ中央駅(Oslo S)やナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅に向かう方が多いのではないでしょうか。空港から市内までは20~40分で着くことができ、気になるそのアクセス方法は4パターンあります。ガイドの一番のおすすめは高速列車か普通電車です。
  • 高速列車エアポート・エクスプレス・トレイン
  • 普通電車ローカル・トレイン
  • シャトルバス
  • タクシー
それでは、乗り方やチケット料金など、知っていて得する情報をみてみましょう。
※1ノルウェークローネは2017年2月現在、約13.5円。おおむね15円前後で推移。

エアポート・エクスプレス・トレインでオスロ市内へ

券売機

オレンジ色が目印の券売機。学生やシニア割引料金も選択可能

1時間210キロメートルで走る高速列車エアポート・エクスプレス・トレイン(ノルウェー語:flytoget)は、旅行者が安心して利用することのできる交通手段です。約20分で旅行者がよく利用するオスロ中央駅やナショナルテアートレ駅に着くことができます。

全席自由席で、10分間隔で運行されており、停車駅もほとんどなく、利用方法は迷うことがほとんどありません。チケットは空港から直結している駅の券売機やチケットカウンターで購入することができます。オレンジ色の券売機が目印で、英語表示を選択することができます。

<DATA>
Flytoget(英語)
チケット料金:空港からオスロ中央駅まで大人1枚180ノルウェークローネ
所要:約20分

 

実は一番お得! ローカルトレインでオスロ市内へ

ローカルトレイン

各駅停車の普通電車 (C) NSB/Christian Niclas Nordmark

空港内の到着ロビーでは高速列車を推奨する宣伝広告が多いために、旅行者の間で意外と知られていないアクセス手段がノルウェー国鉄NSBが運行する普通電車のローカルトレイン(ノルウェー語:lokaltog)です。

券売機や駅ホームは高速列車のすぐ側にあります。高速列車と比較すると停車駅はわずかに多めになり、運行本数は少なめになります。延滞することもあるので、疲れていてすぐにホテルに向かいたい時、時間を一切無駄にしたくないときは、高速列車を利用することをおすすめします。

オスロ中央駅に到着するまでの時間は、実は高速列車(約20分)とほぼ変わらず(約23分)、利用料金が格別に安くなります。少しでも節約したい時、ガタンゴトンと運行する地元の電車を体験して旅気分を味わってみたい時におすすめです。

高速列車とローカル・トレインの券売機や乗り場は近い場所にあり、間違いやすいかもしれないので、迷ったら構内にいる駅員に尋ねてみてください。

<DATA>
NSB(英語)
チケット料金:空港からオスロ中央駅まで大人1枚93ノルウェークローネ
所要:約23分

バスでオスロ市内へ

シャトルバス

SASが運行するシャトルバス (C) Flybussen

複数のシャトルバス(ノルウェー語:flybussen)が、市内からオスロ中央駅付近にあるバスターミナルまで頻繁に走っています。

バスを利用して中央駅・空港間を行き来する間は、目的地は中央駅(Oslo S)ではなく、中央駅のすぐ隣にあるバスターミナル(Oslo bussterminal)となります。不安があれば、運転手に聞いてみるとよいでしょう。

運行時間は片道約40分で、乗車券は運転手から直接購入できます。

空港の到着ゲートから外に出ると、バスの停留所があるので簡単に見つけることができるでしょう。

オスロ中心部から空港まで向かう際は、バスターミナルは中央駅のすぐ側にありますが、場合によっては見つけにくいかもしれません。時間に余裕をみて行動することをおすすめします。

バスの中は快適で広く、安心してスーツケースも預けることができます。

<DATA>
Flybussen(英語)
チケット料金:空港からバスターミナルまで大人1枚150ノルウェークローネ(バス会社によって異なる)
所要:約40分
■オスロ観光局VisitOSLO 「Oslo Bussterminal」(英語)

タクシーでオスロ市内へ
「オスロ・タクシー会社」を利用しましょう

タクシー

安心して利用できるオスロ・タクシー会社 (C) Oslo Taxi

一番お金がかかる手段ではありますが、荷物が多く、ホテルなどに直行したい時に便利なのがタクシーです。到着ロビーから外にでるとタクシー乗り場となっています。

数社のタクシー会社がありますが、唯一安心して旅行者の皆様におすすめできる会社が固定料金システムを採用している「オスロ・タクシー/Oslo Taxi」会社です。基本的には黒色のタクシーで「Oslo Taxi」と車両に記載されています。オスロ・タクシー会社の利用料金は、走る地域ゾーンや時間帯、乗車人数によって異なりますが、一番安い時間帯の平日(6~17時)に空港から市内中心地へ走った場合の料金は759ノルウェークローネです。

その他のタクシー会社は固定料金を採用しておらず、特に旅行者が多い夏季は、空港から市内へ走っただけで2000ノルウェークローネ以上を請求してくる運転手もいます。

タクシー乗り場では、日本とは異なり、一番最初に並んでいるタクシーを利用する必要はなく、2台目、3台目のタクシーに乗ることを乗客が選ぶことができます。もし、オスロ・タクシー会社がその場にいなければ、事前に運転手と値段をしっかりと交渉するか、もしくは空港内のインフォメーションなどに問い合わせて、電話でオスロ・タクシーを呼びましょう。

このようにタクシーを予約した際は、空港までタクシーが走った距離も料金に加算されますが、それでもオスロ・タクシー会社を利用したほうが不当な料金を請求される心配がないので、安心して利用することができます。

不当な料金請求が特に発生するのは空港-オスロ市内間ですが、市内に滞在中もオスロ・タクシー会社を利用することをおすすめします。ホテルから空港へタクシーで向かう際は「オスロ・タクシー、プリーズ」と一言付け加えるとよいでしょう。オスロ・タクシー内ではクレジットカードで支払いをすることが可能です(利用可能カード:Visa、Maser Card、American Express、Diners)。

<DATA>
Oslo Taxi(英語)
料金:759ノルウェークローネ~。6~17時以外の時間帯はプラス200ノルウェークローネ、祝日はさらにプラス300ノルウェークローネ。 
※全タクシー会社に共通して、チップを払う必要は原則ありません。

こちらも参考に
■オスロ観光局 VisitOSLO「Transport to/from Oslo Airport Gardermoen」(英語)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。