北欧のイメージを叶えてくれる、素敵なカフェ&レストラン

コロニーハーゲン店内

閑静な住宅地フログネル地区にあるベーカリーカフェ&レストラン Photo:Asaki Abumi

店内インテリア

フログネル地区店の2階は屋根裏カフェのよう Photo:Asaki Abumi

※2017年4月追記
こちらのグリーネルロッカ地区店舗は閉店しました。

フログネル地区店舗は今もオープン中です。
■Kolonihagen Frogner(コロニーハーゲン・フログネル)
住所:Frognerveien 33
TEL:+47 99 31 68 10


オスロでオーガニック食材・新北欧料理が食べられる美味しいカフェ&レストランといったら、「コロニーハーゲン」! 2004年に食材宅配サービスからスタートし、2009年に店舗をオープン。オーナーは、ヨン・エングダールさんというノルウェー人男性。オスロにある別の超有名レストラン「Maaemo」のオープン時の影の立役者のひとりとして、料理界では知られています。

実は、この「Maaemo」というのはオスロで最も人気ある最高級レストランで、数ヶ月前から予約する必要がある超人気店(そしてお値段も非常に高め)。一方で、コロニーハーゲンは似たような料理を提供しながら、庶民価格で食事を提供しており、予約なしでも入店可能。現地メディアからは、コロニーハーゲンは「お手頃価格の小さなMaaemo」ともプラスに評価されており、「いまどきのノルウェー料理を手軽に味わいたい!」という方におすすめのレストランです。

おいしいオーガニック料理

コロニーハーゲンの生姜茶

透明なお湯のように見える、ショウガの甘い煎じ出し。身体がぽかぽかと温まる(ノルウェー語メニュー名:Husets hjemmelagde ingefaerinfusjon 価格:48NOK)

スープ

パンが付くので、スープだけでもお腹はいっぱいになる Photo:Asaki Abumi

コロニーハーゲンの食材は生産者と直接提携しながら選び抜かれています。飲み物は、ノルウェー産リンゴを使用したジュースなどがおすすめ。オスロはコーヒーがおいしい街としても定評があり(参考記事「ノルウェーのコーヒー文化」、コロニーハーゲンではノルウェーのオーガニックコーヒー「リッペ」(Lippe)を提供中。お土産としてコーヒー豆も購入可能です。

お茶をするだけでも立ち寄れますし、栄養たっぷりのランチやディナーも味わえます。

カントリー風の空間デザインが、旅人を癒す

コロニーハーゲン外観

花屋の隣に並ぶフログネル店。夏には外のテラス席が人気 Photo:Asaki Abumi

王宮周辺を観光した際に、周辺からバスに乗って行くことができます。

コロニーハーゲン看板

両店舗とも最初の入り口が狭く、見過ごしやすい。看板を目印に Photo:Asaki Abumi

人気があるので、金曜日夕方以降・週末は事前予約をおすすめします。また、両店舗とも建物と建物の奥に位置しているので、入り口が見つけにくいかもしれませんが、「Kolonihagen」という看板が出ているので目印にしてください。

<DATA>
Kolonihagen Frogner(コロニーハーゲン・フログネル)
住所:Frognerveien 33
TEL:+47 99 31 68 10
営業時間:月~土曜11:00~23:00、日曜(ブッフェ形式)11:00~17:00
価格:ランチ118ノルウェークローネ~、ディナー139ノルウェークローネ~

おすすめ関連記事
「オスロのエリアガイド」
「オスロで人気のカフェ&買い物エリア、フログネル」
「北欧雑貨の揃うグリーネルロッカ地区/オスロ」
「ノルウェー料理」
「オスロのおすすめレストラン」

※1ノルウェークローネは2016年2月現在、約13.2円。おおむね14円前後で推移
※グリーネルロッカ地区にもう一店舗ありましたが、閉店しました



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。