オスロのおすすめ6エリア

カール・ヨハン通り

オスロ中央駅からみるカール・ヨハン通り

ノルウェーの人口は約500万人、そのうちの約61万人が首都オスロに住んでいます。緑が豊かな街で、夏季には市民が公園で日光浴を楽しみます。1年の約半分は雪で真っ白に街が覆われ、夏とは異なる美しい冬景色を見ることができるでしょう。オーロラ観測はオスロではできませんが、画家エドヴァルド・ムンクでおなじみのアートスポットや、王宮などの観光スポットが旅行者の間で人気があります。また、街の至るところがゆるやかに流れるオスロ・フィヨルドで囲まれており、フェリーでプチクルーズ気分を味わうこともできます。

旅行者向けの市内地図を広げた時に、オスロは大きく分けて、アーケル川/Akerselvaを境に、東側と西側に区分けされます。西側は王宮などのおなじみの観光スポットが多い、高級住宅地です。トイエンやグリーネルロッカ地区がある東側は、海外移住者や学生などが多く住み、ちょっと治安に警戒が必要ですが、デザイナーなどによる今後注目のショップや人気カフェが増えてきています。今回は日本人旅行者におすすめの6エリアをピックアップしてみました。
  • 中心地、カール・ヨハン通り周辺
  • 博物館が密集するビグドイ
  • フィヨルド沿いのアーケル・ブリッゲ&テゥーブホルメン
  • 流行の発信地、グリーネルロッカ
  • ムンク美術館でおなじみトイエン&グロンランド
  • 緑の公園が豊かなフログネル

オスロ観光の中心地、カール・ヨハン通り周辺

カール・ヨハン通り

王宮から見下ろすカール・ヨハン通り

オスロ中央駅と王宮を結ぶ約2キロメートルのカール・ヨハン通りは、オスロ旅行中に何度も歩くこととなるでしょう。王宮や国立美術館などの観光スポットや人気カフェのほかに、おみやげ屋さんなどのショッピングスポットも豊富に並びます。夏には大道芸人やアーティストがストリートを盛り上げ、イベントも頻繁に開催されます。オスロに着いたら、まずはカール・ヨハン通りを歩いて街の雰囲気を楽しみ、周辺の観光スポットを訪れてみましょう。

ヴァイキング船博物館はここ!
博物館が密集する人気観光エリア、ビグドイ

ヴァイキング船博物館

旅行者に人気のヴァイキング船博物館

オスロの南西に位置する半島ビグドイ/Bygdøyは、旅行者が必ずといっていいほど訪れる6つの博物館が密集したエリアです。せめてヴァイキング船博物館とノルウェー民族博物館はセットで訪れておきたいところ。夏季にはオスロ市庁舎前からフェリーがでており、美しいオスロ・フィヨルドを眺めながらのアクセス方法がおすすめです。

フィヨルド沿いを散歩してみよう!
アーケル・ブリッゲ&テューヴホルメン

アーケル・ブリッゲ

アーケル・ブリッゲのシンボルとなっている時計台

オスロ中央駅より南西に位置するアーケル・ブリッゲ/Aker Bryggeとテューヴホルメン/Tjuvholmenは、ウォータフロントエリアとして現在も開発が進んでいる話題のエリアです。人気のアストルップ・ファーンリ現代美術館があり、天気の良い日には多くの旅行者と地元民がフィヨルド沿いを散歩しています。市庁舎を観光したあとにふらりと立ち寄れる場所なので、ここでシーフードやビールをちょっと堪能してみてください。

かわいいカフェと北欧雑貨ショップが豊富な、グリーネルロッカ

グリーネルロッカ

話題のおしゃれエリアで買い物とカフェを楽しもう

オスロの北東に位置する今話題の流行の発信地となっているグリーネルロッカ/Grünerløkkaには、おしゃれなアーティストや地元の若者が集まります。デザイナーによるセレクトショップやヴィンテージショップ、ノルウェー人の彫刻家などが経営するショップがひっそりと建っており、一点モノの北欧雑貨を見つけることができます。地元で人気のカフェなども多く、カフェと買い物を楽しみたい人におすすめのエリアです。

ムンク美術館でおなじみ、トイエン&グロンランド

トイエン駅

トイエン駅構内ではムンクの絵が旅行者を迎え入れる

オスロは「ムンクの街」として、画家エドヴァルド・ムンクのエピソードがまつわるスポットが豊富な場所です。トイエン/Tøyenには旅行者にも大人気のムンク美術館があり、最寄り駅のトイエン駅構内にはムンクの絵のコピーが飾られています。この地区は海外移住者が多く、治安は多少気をつけたいところですが、お手頃な価格帯のお店が並びます。

ヴィーゲラン彫刻公園がある高級エリア、フログネル

フログネル

面白い彫刻がたくさんあるヴィーゲラン公園

オスロの北西に位置する高級住宅地フログネル/Frognerには、観光スポットとして人気があるヴィーゲラン彫刻公園があります。広域なこのエリアは地元民の間では買い物&カフェを楽しむ場として人気があり、また緑の多い公園も多いためにゆったりとした時間を過ごすことができます。旅行スケジュールに余裕があれば、あちらこちらと探検してみたいところです。
※こちらも参考に! 「ノルウェー旅行のモデルコース」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。