四季の自然が美しく、涼しいノルウェーへようこそ

夏のフィヨルドと服装

ノルウェーの夏は涼しく快適でフィヨルド観光のベストシーズン。美しい「五大フィヨルド」のひとつであるガイランゲルフィヨルド Photo:Terje Rakke/Nordic life - Visitnorway.com/Innovation Norway

北欧ノルウェーはスカンジナビア半島の西部に位置する縦に細長い国です。国土の北半分がオーロラ観測ができる北極圏(ラップランド)、南部には人口の大半が住む首都オスロが位置します。ほぼ同じ緯度にはアラスカやグリーンランドがあり、「1年の約半分は冬」と住人が大げさに言うほど、全国的に夏も涼しく、冬は凍えるような寒さと雪に見舞われます。その一方で、メキシコ暖流のお陰で、緯度の割には比較的温暖な気候に恵まれている国でもあります。

広大なノルウェーでは季節によって気候と旅の服装は変化します。気温は夏は最高25~30度になる地域もあれば、冬は最低マイナス40度を記録する地域も。旅行者におすすめのフィヨルド観光のベストシーズンは夏、オーロラ観光は冬となります。冬の日照時間は短いですが、その分オーロラウォッチングの際には真夜中まで起きている必要はなく、20~24時の間にオーロラは観測可能(早ければ17時~)。夏は夜になっても日中のようにずっと明るいので、観光を長時間楽しむことができます。それでは、ノルウェーの季節・気候・服装を詳しくご紹介します。

どこの天気予報サイトよりも的中する、ノルウェーのYr.no

ノルウェー現地の天気を調べるときは、ノルウェー国営放送局NRKと気象研究所が作製した気象情報サイト「イール・ドット・エヌオー/yr.no」をぜひ参考に(サイト右上の言語バーで英語/Englishをクリック)。的確に天気情報を提供することで定評があり、市民生活に役立つウェブサイトが評価され、国内のデザイン機関が提供するデザイン賞も受賞しています。