ノルウェーのビール

ノルウェービール

ノルウェーではおいしいビールが大量に生産されている。ビール愛好家であれば旅行中に珍しいクラフトビールを飲んでみたい

ノルウェーではビールは年間を通して非常に人気がある地酒です。発音が難しいのですが、ビールはノルウェー語で「Øl」(ウル)といいます。料金的にもほかのお酒と比較すると割安で、身近なスーパーで入手できるために、若者から年配まで幅広い層に人気があります。北欧ご近所のデンマーク産も販売されており、「ツボルグ」や「カールスバーグ」が特に人気です。

ビールのスタイル

スーパーで販売されているビールの多くは工業製品のように大量生産されている「Pils/ピルス」(Pilsner/ピルスナー)というスタイル。ピルスナーはアルコール度数が低めで、喉ごしすっきり&さっぱりとした味わいが特徴的です。ピルスナー系として「ライトビール」という意味でアルコール度数が2.7度以下の「Lettøl」(レットウル)、またピルスナーより味や色がやや濃いめの「ファートウル」(Fatøl)もスーパーではよく見かけられます。日本で一般的なラガービールはノルウェーではピルスナー系や夏限定ビールとして販売されており、ドライビールという表現はありません。専売公社ではアルコール度数が高めのエール、IPA、スタウト、ポーター、ボック、バイエルンビール、白(小麦)ビールが目立ちます。冬になると、さらに味と色が濃い、スパイスやハーブをブレンドしたクリスマスビールが販売されます。

人気急上昇中のクラフトビール

大量生産されるビールに対して、小規模な醸造所(マイクロブルワリー)による個性的なクラフトビールは年々人気が高まっており、国内の酒市場を新しい波で盛り上げています。高めのアルコール度数で、独特な風味で色の濃いビールが特徴的です。4.75度以上のビールはスーパーでは取り扱っていないので、飲む場合は飲食店、購入する場合はアルコール専売公社で可能です。

「ノルウェーらしいビール」を飲みたい時は、小規模な醸造所で職人が精魂込めて造ったものをぜひ。どの銘柄を飲むかにもよりますが、それぞれ癖が強いので、最初の一口でその個性的な味に驚くかもしれません。まずは、多くの飲食店や専売公社で取り扱っている、代表的な3社の地ビールブランドをおすすめします。