世界中のコーヒー通が、オスロで必ず訪れたいティムのカフェ



ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ2004年度の優勝者であるティム・ウェンデルボー氏が経営するマイクロロースタリー。小規模なカフェと焙煎所ですが、北欧を代表する「超」有名コーヒースポットです。
ティム・ウェンデルボー

オスロのコーヒー文化発展に貢献したウェンデルボー氏 Photo:Asaki Abumi

どれほどすごい人かというと、北欧のコーヒー界を引っ張るウェンデルボー氏とロバート・トーレセン氏の2人に出会うためだけに、世界中のジャーナリストや料理界関係者が、飛行機に乗ってやってくるほど! まさに、業界関係者にとっては、一生に一度はお目にかかりたい伝説の人といえます。この2人なしで、オスロのコーヒーが世界レベルでここまで有名になることは、ありえなかったでしょう。

コーヒーの香りで充満した、小空間で過ごすゆったりのひととき

ティム・ウェンデルボーのカフェ空間

地元のおしゃれなコーヒー好きたちが集まる空間 Photo:Asaki Abumi

イスやテーブルは数席しかなく、狭い店内はカフェというよりも、立ち飲み専用の空間。飲んでからすぐに立ち去るお客さんが多めです。夏は、外のテラス席で飲むのが現地人の間では人気。

お土産に、コーヒー豆を

ティムのコーヒー

日本とは異なるオスロの水道水でいれたコーヒーは、ここでしか飲めない! Photo:Asaki Abumi

カップの中で果実がはじけるようなおいしさが魅力。マキアート、コルタード、カプチーノ、ラテのミルク入りもありますが、豆の味をかみしめるために、ブラックで味わっていただくのが筆者の個人的おすすめです。

店内には焙煎機やトレーニングルームがあり、豆や関連器具が販売されています。ここの豆は、ぜひともお土産に買っていって欲しい一流品! 日本での高級豆の価格と比較すると、ノルウェーでは意外とお買い得な価格で設定されています。

別記事「大人気ノルウェーコーヒーのおすすめのお土産 」

コーヒー界の伝説の人、ティムがエアロプレスで淹れる貴重映像!



コーヒーはエアロプレスで抽出され、豆の種類はお客さんが選ぶことができます。エアロプレスというのは、注射器のような器具を使い、淹れる手法。豆の酸味の個性を上手にだしてくれるのです。

ウェンデルボー氏本人は、アフリカなどの農家を頻繁に訪れており、お店にいることは稀。東京にもあるオスロ発のカフェ「フグレン」とも交流が深く、来日することもあります。カフェで働くバリスタ達は、ティムの厳しい審査と面接をくぐり抜けたプロ中のプロ、素晴らしい一杯を提供してくれることでしょう。

今回は、なんと本人がコーヒーを淹れる貴重映像を撮影することができました。

もし、メニューに「ゲイシャ」があったら、ぜひ注文!

取り扱う豆の種類は時期によって異なるのですが、もしメニューに「ゲイシャ」(
Caballero Honduras Geisha)と書かれていたら、コーヒー好きなら迷わず注文! 「Geisha」とは、コーヒーの中でも最も注目を集めている貴重な豆です。きっと、一口で、これまでとは違うコーヒーの世界を開拓できることでしょう。

<DATA>
Tim Wendelboe(ティム・ウェンデルボー)
住所:Grünersgate1
エリア:別記事「グリーネルロッカ地区」
TEL:+47 40 00 40 62
運営時間:8:30 ~18:00、土・日曜11:00 ~17:00
アクセス:トラム11、12、13番線でOlaf Ryes Plass駅から徒歩2分
価格:豆250グラム 142~225ノルウェークローネ
フィルターコーヒー1杯(エアロプレス) 42~50ノルウェークローネ

※1ノルウェークローネは2016年2月現在、約14円。おおむね14円前後で推移