ノンアルコールビール

ノンアルコールのビール

ノンアルコールのビールはノルウェー国内で人気が高まりつつある

ノルウェーではノンアルコールビールは「Alkoholfritt øl」(アルコホルフリット・ウル」と商品に記載されています。国民の飲酒問題を減らしたいと試行錯誤する政府や新たな客層開拓を模索するメーカーにとっては、需要を拡大させたい飲料です。妊婦、未成年、運転中の人も飲めるものとされています。

スーパーでは数種類のノンアルコールビールが、アルコール入りのビールやシードルと同じ棚に並べられて売られています。専売公社でもノンアルコール飲料は取り扱っていますが、国産はなく、外国産ビールかジュースばかりです。ですので、「ノルウェー産のノンアルコールビール」を飲みたい場合はスーパーへ。スーパーでのお酒の販売時間(平日20時まで等)を過ぎても、ノンアルコール飲料はジュースと同じように営業時間中はいつでも、そして未成年でも購入が可能です。冬になると期間限定のノンアルコールのクリスマスビールも販売されます。
  • Hansa Pilsner NULL%(500ml ハンザ ピルスネル ヌル%) 17ノルウェークローネ
  • Munkholm(330ml ムンクホルム) 5ノルウェークローネ
  • UTEN(330ml ウーテン) 7ノルウェークローネ
  • SEIDEL(330ml セイデル) 6ノルウェークローネ

ノンアルコールビールの注意点

ノルウェーの完全なノンアルコールビール

完全なノンアルコールビール

ノンアルコールといっても、そのお酒にアルコールが全く入っていないわけではありません。ノルウェーではアルコール度数が「0.7度未満」のものをノンアルコールと定めています。つまり、「Alkoholfritt」と表示されていたとしても微量のアルコールが含有されおり、大量摂取した場合は弱めのお酒を飲んだことになるので注意しましょう。アルコールが文字通り全く入っていないものは、ノルウェー語で「vørterøl」(ヴォルテルウル)と記載されています。
  • Vørterøl Ringnes(330ml ヴォルテルウル・リングネス) 11ノルウェークローネ

※データは2013年12月時点のものです。1ノルウェークローネは2013年12月現在、約16.9円。おおむね15円前後で推移

※2013年10月に政権が交代したために、今後お酒に関する法律が変更される可能性があります。よって、酒税や店舗での購入可能時間は変動することがあります。

<ノルウェーのお酒関連記事>

<ノルウェーのお酒をオスロと東京で味わうならここ!>

北欧デザインとカフェバーの人気店フグレン/オスロ

※取材協力/Special thanks to
Robin Sohrabi-Shiraz (Fuglen Oslo)
Vinmonopolet, Oslo City
Tom Young (Nøgne Ø)
Petter Nome (Bryggeri- og drikkevareforeningen)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。