まだある筋肉痛の予防法と改善法

■スポーツドリンクで電解質を補う
汗によって失われた塩分は、心拍、筋肉の収縮や神経機能を調節している必要不可欠で大事なもの。トレーニング中に汗をかなりかいている時の水分補給には水ではなくスポーツドリンクを飲み、失われた電解質を補うようにしましょう。

■トレーニング中にもストレッチ
ストレッチはトレーニングがすべて終わってからするものと勘違いしている方も中にはいるようですが、トレーニング中にも定期的にストレッチしましょう。フォームローラーやストレッチポールなどを使って筋肉を伸ばしたりコリをとったりしても効果的です。
■トレーニング後の栄養補給は4:1
トレーニングでエネルギーを使い果たした筋肉に栄養素を補うため、糖質:プロテインの割合が4:1の軽食を摂りましょう。なんとチョコレートミルクがコレにあたります! 他には、回復系と呼ばれるプロテインドリンクはこの割合になっているものが多いので、上手に利用して下さいね。
■スポーツマッサージも効果あり
もしも、いつも痛くなる場所や筋肉の張り感を感じている場所があるなら、スポーツマッサージで血液循環を良くし筋肉をほぐすことも効果があるので試してみるといいでしょう。筋肉痛で痛みがある時は静かにゆっくりストレッチするなどして、血流を良くしましょう。

■トレーニング後は冷やす
よく使った筋肉などはアイシングをしたり冷たいシャワーをあてるなどして、筋肉の炎症を抑えましょう。

筋肉痛になってしまったら……

最後に、筋肉痛になってしまった後の対処法ですが、ひどい筋肉痛になってしまった場合は、「消極的休息」といって何も運動をせずゆっくり休むようにしましょう。その痛みが和らいできたり、はじめから軽い筋肉痛だった場合には「積極的休息」といって、軽くウォーキングやジョギング、ストレッチをしたりして血液循環を良くし、代謝を活性化させることが早めの回復に繋がります。

今回は筋肉痛の予防法をご紹介しましたが、こうしてみると、挙げた10の方法は筋肉痛の予防だけでなく、筋トレの効果を上げるためにも必要な項目ばかりです。この方法を参考に、今後も筋トレ&ダイエットライフを楽しんで下さいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。