内転筋とは

leg

すっきりした脚のヒミツは?

内転筋とはずばり、女性の気になるパーツ「内もも」のこと。

内転筋がおとろえるとプヨプヨのお肉が付きやすくなるだけでなく、様々な不調の原因にもなりかねません。

今回は内ももの大切さ、内ももに秘められたダイエットやボディシェイプのコツなどをお伝えしていきます。

内転筋は「脚をつなぎとめる要(かなめ)」

ひとことで「内もも」と呼んでいるこの部分には何があるのでしょうか? それを知る手がかりとして、骨盤と太ももの骨の形から確認してみましょう。

骨盤は、いくつかの骨の集合体です。骨同士をつなぎとめているのは固くしっかりとした靭帯ですが、もうひとつ大切な要素が「太ももとの関係」です。太ももの骨の先端は丸い形をしており、骨盤の左右にあるソケットのような受け口にカポッとはまる構造になっています。
太ももと骨盤

太ももと骨盤のカンケイは?

下のモデル図を見てみましょう。2本の太ももが骨盤を支えているのは何となく分かりますね。でも、よく見てみてください。2本の脚が骨盤の「真下」からではなく、少し外側から骨盤に向かって挟むように支えているのがわかりますね。

これこそが、「内もも」の重要性のミソなのです。
骨盤と太もものモデル図

骨盤と太もものモデル図

そもそも、この「内もも」は「内転筋」という筋肉が主なメンバーです。内転筋は脚をクロスさせたり内側に閉じたりするための筋肉。この筋肉がおとろえると、両サイドからの支えが無くなり骨盤が不安定に! 歪みやねじれの原因になってしまいます。

内転筋は太ももの骨を骨盤に差し込んでくれている、とても大切な筋肉なのです。

「内もも」は縁の下の力持ち

内ももの筋肉である「内転筋」を詳しく見てみましょう。「内転筋」はいくつかの筋肉の集合体ですが、ここでは大まかに「どの辺りにあって」、「どういう役割があるのか」を見ていきます。

内転筋

内転筋は内ももにある長い筋肉

内転筋は骨盤の前面である「恥骨」から始まるものと、背面にある「坐骨」から始まるものがあり、そのいずれも太ももの骨の内側まで続いていきます。前後から骨盤を支えるような「内転筋」に力を入れると、骨盤の底で内臓を支えている筋肉にも力が入りやすくなります。
内転勤は全身の筋肉の連結を深める骨盤底筋(骨盤底筋群ともいう)の働きを助ける、縁の下の力持ちのような存在なのです。

それが、「内転筋」を鍛えると骨盤が整い、骨盤が整うと内臓の位置が整い、内臓の位置が整うとぽっこりお腹が解消されるという仕組みのからくりです。

まずは自分の内転筋の現状を確かめてみましょう。イスに座る時、脚を組んだり、足首をクロスさせていませんか? 脚をそろえ、きちんとヒザを閉じて座るのがキツイなあ……という場合、内転筋が弱くなっている可能性があります。

まずは、脚を組むのを止め、背筋を伸ばし、ヒザを閉じて座ることからチャレンジ! 内転筋が整えば、筋肉が脂肪を燃やしやすくなるのだけでなく、内臓の位置が戻り下腹部のポッコリやお通じの改善などの効果も期待できます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。