横隔膜とは?

横隔膜とは!呼吸を生み出すメカニズムを画像で解説

呼吸には必要不可欠な横隔膜

実際のところ具体的にどういう動きや働きがあるのか、あまり知られていない「横隔膜」。

どこにあって、どういう形をしていて、どんな動きをするのか。そして、私たちの命を維持するために一番大切な「呼吸」を生みだすメカニズムをご紹介します。
 
   

“横隔膜”という名前に落とし穴!?

横隔膜は「膜」とは言ってもペラペラとした薄い「膜」ではなく、厚みを持った伸縮性のある筋肉です。名前のせいで少し誤解を生むかもしれませんが、この筋肉は「呼吸」や体幹部の安定性を作り出すとても力強い筋肉。
 
横隔膜と周辺の内臓

横隔膜と周辺の内臓

横隔膜は胴体のほぼ真ん中にある、ドームのような形をした「膜」状の「筋肉」で、胴体を肺のある「胸部」と、腸などその他の臓器のある「腹部」に分けています。

血管や食堂などを通す穴があいている以外、胴体内部での上下は横隔膜によってしっかり隔たれています。
 

横隔膜が肺を引っ張り下げる!?

それでは横隔膜がどのような動き方をするのか、見てみましょう。
 
息を吐いている時の横隔膜

息を吐いている時の横隔膜

ゆるんでリラックスしているとき、横隔膜は空気を吐ききって小さくなっていく肺とともに上にあがっています。

肺自体には筋肉がありませんので、これは肺の周りの腹筋などの働きによっておこります。
 
息を吸う時(収縮時)の横隔膜

息を吸う時(収縮時)の横隔膜

そこから力が入ると、ゆるんで持ち上がっていた横隔膜は縮みながら下がってきます。この時、横隔膜にくっついている肺の下部が引き下げられて鼻や口から空気が流れ込んでくるのです。ちょうど注射器のピストンのような働きですね。

これが呼吸のベーシックなメカニズムです。

これに肋骨周りの筋肉や腹筋の働きを合わせることによって、更に深く呼吸をすることも可能になります。安静時、横隔膜だけで行われる呼吸は60~70%と言われています。
 

横隔膜と呼吸は重力との関係がミソ!

さあ、これまでに以下の事を確認してきましたね。
  • 横隔膜が筋肉だということ
  • 縮まる時に骨盤の方向へ下がっていくということ
これらのことから、横隔膜が働くためには「重力の向き」が大切な環境要因になることが注目されています。

肺を引っ張り下げる時に縮むと言うことは、自身の重みや肺の重みが筋肉を縮めるのを助けてくれていると言うこと。

寝ている時の方が横隔膜が活発に働くのは、重力のサポートが無くなり自力で収縮をしなければいけないからなのですね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。