セレタス・プッシュアップ
~前鋸筋のストレッチ&引き締め

セレタス

背骨を床と水平にセット!

1.四つん這いの姿勢になります。ピラティスの四つん這いでは肩の真下に手の平、股関節の真下にヒザをセットします。座っていた時同様、背中をまっすぐにし、ヒジを突っ張らないよう少し外側に張っておきます。



 
セレタス

重力に引っ張られながらもしっかり
コントロール

2.息を吸いながら肩甲骨の間に背骨が落ちて行くようなイメージで、肩甲骨をセンターに寄せます。

このとき、お腹の力が抜けて腰が反ってしまうと腰痛の原因になってしまうのでお腹はしっかり引き締めたまま行いましょう。



 
セレタス

肩甲骨を広げて背骨を天井に突きあげます

3.今度は反対に背骨が肩甲骨の間からせり上がってくるように、手の平でしっかりと床を押し肩甲骨を広げます。


 
quadruped

真っ直ぐで完成!

4.2と3の手順を6~8回繰り返し、最後に背筋をまっすぐに戻したところでフィニッシュです。重力と戦いながら、自分の背骨を水平に保ってみましょう。




 
いかかでしょうか? どれも深い呼吸と共に行うのが一番のポイントです。ふたつ目のセレタス・プッシュアップは四つん這いにならなくても、立ったまま壁に向かって行うこともできます。

秋・冬と厚着になってくると、うっかりボディラインに甘えが出がちです。デスクワークや家事の合間に肩甲骨周りの筋肉をほぐし、調子を整え、リフレッシュ&ボディシェイプしてみませんか?


出典:Polestar Pilates®


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。