ヨガとピラティスを徹底比較!

ヨガとピラティスって何となくイメージはわいても、違いが判らないことも多いですよね。ピラティスってなんなのか、いざ聞かれると「ヨガを簡単にしたものだっけ?」などと実はよくわかってなかったり……。

今日はそんなピラティスの疑問を徹底解剖! ピラティスとヨガは何が似ていて何が違っているのか、比べてみましょう!そして、アナタに適したエクササイズを見つけてくださいね。


ピラティスってどんな運動?

3

ヨガ・ピラティスの違い

姿勢がよくなり、ボディラインが変わるスペシャル・メソッドとして、2000年以降セレブリティ―に支持され、人気に火がついたピラティス。そもそもピラティスは、ダイエットのための運動として体系化されたものではなく、ドイツ人ジョセフ・H・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したリハビリ運動です。

その特徴は、音楽に合わせてリズミカルに動いたり、回数や量をこなす運動と違い、お腹の深層にある筋肉や肩甲骨周りの筋肉など、自分自身の身体に意識を向けて運動することにあります。

このような独特な動きが、普通に生活しているだけでは失われていく筋力を回復させてくれるのです。そしてその結果、ケガの防止やリハビリだけでなく、たるみを防ぎ、プロポーションや姿勢を維持・改善することに大きく役立っています。

ピラティスは、インド発祥のヨガを参考にして体系化された部分があるため、「ヨガと似たようなもの」と思われることがありますが、実際にはヨガとは似て非なるものなのです。


ヨガとピラティスの違いって何?

1

ヨガ・ピラティスの違い

インドで発祥したヨガは、現在、健康法として普及していますが、本来のヨガは、インドの思想体系に根ざした修行・治療法で、その宗教観に基づいた思想と瞑想によって悟りを学ぶことを目指しています。

そのような背景から、現在のヨガも健康法としてだけでなく、リラクゼーションやうつ病の対策など、エクササイズだけでなく多岐にわたる効果効用が知られています。

一方ピラティスは、第1次世界大戦時にリハビリとして体系化されたトレーニングです。戦時に発展した解剖学を元にした、インナーマッスルトレーニングといえるでしょう。

また、それぞれのトレーニング手法として、以下の特徴があります。

  1. ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化する
  2. ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整える

この動きの特徴が、ヨガとピラティスを似て非なるものにしています。


ヨガとピラティスの似ているところ

5

ヨガ・ピラティスの違い

ヨガ・ピラティスの異なる部分をお話ししましたが、現代人に人気があるこの2つの運動は、現代人が必要としている健康法ということでもあり、似ているところも多くあります。

ヨガとピラティスの類似性は、 “身体と精神を同時に整えるという” ところに他なりません。

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という言葉が知られているように、私たちは風邪を引いただけでも、精神面にダメージを受け、風邪が治った時には心から安堵します。

ヨガ・ピラティスの運動手法は違えど、

  1. 深い呼吸と共に心を落ち着かせる
  2. 自分自身を見つめる
  3. 心身を健全な状態に整える

という最終目的は同じところにあるのです。


アナタに合っているのはヨガ・ピラティスどっち?

4

ヨガ・ピラティスの違い

ヨガ・ピラティスの似ているところ、違うところが理解できたところで、あなたに合うのはどちらでしょうか?

世界的に活躍している人気モデルのミランダ・カーさんは、ヨガの愛好者として知られていますし、女優の米倉涼子さんはピラティスでボディーコンディショニングを継続しています。

ミランダさんは、ヨガで心身を落ち着かせることが生活の一部であると話しています。ダンスもある長時間の舞台主演を務める米倉涼子さんは、継続した体づくりのためにピラティスが適しているのだそうです。

環境や生活に流されず、自分自身のコンディションを整えたい人はヨガを、骨格のゆがみや筋力不足による体調不良を改善したい人はピラティスを、選ぶといいと思います。

また、ヨガ・ピラティスは継続して続けることが大切です。 短期間での変化を期待せず、なりたい理想の自分をイメージし、心身をゆっくり整えていくように心がけましょう。


【おすすめのピラティスダイエット!】
▼ 2ステップピラティスで腰肉ダイエット&くびれ
▼ 二の腕を細くする タオルを使った簡単ピラティス!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。