undefined

夏、お腹を出す準備は整ってますか?!

外はもう、すっかり夏の日差し。短い夏をエンジョイするため、しっかりと筋肉に刺激を入れて、引き締まったウエストを手に入れちゃいましょう!

意外な事に、夏は一年の中でも太りやすく痩せにくい季節だということをご存知ですか?



 

初夏から夏は油断禁物!

「夏は汗をかくから痩せやすい」という噂を耳にしたことがある方にとっては、寝耳に水かもしれませんが、栄養学的にも生物学的にもこれはデータに裏付けされた有力な説。

基本的に暑い季節、体温を下げなければいけない身体は、自動的に代謝を落として発熱を抑えていると言われています。

だからこそ、いつもよりも気合いを入れて、筋肉に刺激を入れるチャレンジングなピラティスで夏への準備を整えなければいけません!身体が暑さに慣れてきたこの季節だからこそ、ボディと心に喝を入れて一緒に頑張りましょう!!

 

まずは基本から!「カール・アップ」

ピラティスのエクササイズを見たりやってみたりしたことがある方なら、腹筋運動のようなこの動きに馴染のある方も多いのでは?

ピラティスで行う様々な腹筋運動の基本になる形なので、ココで身体の仕組・使い方と合わせて「カール・アップ」を詳しくご紹介します。

undefined

スタートポジション

1.仰向けになりヒザを立てます(ヒザの角度はだいたい90度、足の幅はゲンコツ1つ分程度)。手の指をつなぎ頭と首の境目にセットしましょう。


 
undefined

ポイントはヒジの突き出し!

2.息を吸って準備し、吐く息のタイミングで顎を引き、ヒジを前に突き出しながら頭を持ち上げてみましょう。


 
undefined

肩甲骨がはがれる所までは頑張って上がりましょう!

3.肩甲骨が床からはがれたら「カール・アップ」(意味:巻き上げ)の完成です。


 


このときに気を付けたいポイントが4つあります。

  • 上がり過ぎていないか?
  • お腹がポコっと膨らんでいないか?
  • 骨盤が動いていないか?
  • 肩甲骨が床から離れているか?


なぜココがポイントなのか、次のページで筋肉の仕組みと共に解明していきましょう!