食欲すすむ塩味のつゆ。ネギ塩だれの鶏そうめん

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物そうめん

 

簡単だけど、ひと味違う。ネギ塩だれで食べるそうめん

簡単に作れて、さらっと食べられるそうめんは暑い日の献立の定番です。いつものめんつゆと薬味でいただくそうめんも美味しいけれど、毎度では飽きてしまいます。そこで今回はいつもとはひと味違うネギ塩だれで食べるそうめんをご提案します。

鶏のささみを茹で、そうめんのつけあわせに。さらに旨みたっぷりの茹で汁を使って、つけだれを作ります。そうめんだけだと栄養価も偏りがちですが、プラスアルファで栄養バランスと美味しさもアップさせます。


ネギ塩だれの鶏そうめんの材料(2人分

ネギ塩だれの鶏そうめんの材料
鶏ささみ 2本
かいわれ大根 1/4パック
ミニトマト 2個
そうめん 100g
ささみを茹でる水と調味料
200ml
小さじ1/2
大さじ2
ネギ塩だれの材料
スープストック (ささみの茹で汁)150ml
150ml
ねぎ 1/4本
鶏ガラスープの素 小さじ1
小さじ1/2
ごま油 少々

ネギ塩だれの鶏そうめんの作り方・手順

ネギ塩だれの鶏そうめんの作り方

1:ささみを茹でる

ささみを茹でる
さみを茹でる水と調味料を鍋に入れて沸騰させたら、ささみを加え、再沸騰したら火を止めます。フタをして茹で汁につけたまま、冷まします。粗熱が取れたら、ささみを鍋から取り出しておきます。
ささみは筋切りする必要はありません。再沸騰させたときにアクが出たら、すくいます。

2:ネギ塩だれを作る

ネギ塩だれを作る
ささみの茹で汁150mlを鍋に残し、水とみじん切りにした長ネギ、鶏がらスープの素、塩を加えて火にかけます。煮立ったら、ごま油を加えて、火を止めたら、つけだれの完成。粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしておきます。

3:材料を切る

材料を切る
ささみは手でほぐします。かいわれ大根は根を落としてから、半分の長さに切ります。ミニトマトは半分にします。 ささみを手でほぐしたときに、筋があれば取り除いてください。

4:盛りつける

盛りつける
そうめんを表示通りに茹で、流水でよく冷やしてから、お皿に盛り付けます。ささみ、わかめ、かいわれ大根、ミニトマトを乗せ、冷やしておいたつけだれにつけて、いただきます。

ガイドのワンポイントアドバイス

つけだれはしっかり冷やしたいので、ささみを茹でる作業とつけだれを作る作業は食べる直前ではなく、早めにしておきましょう。夕ご飯の一品にするなら、朝のうちに作り置きしておくのがおすすめです。所要時間にささみを冷ます時間は含まれていません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。