ハーブのある生活を

ここに挙げたハーブは、数あるメディカルハーブのうちのほんの一部です。お悩みの症状に当てはまるハーブはあったでしょうか。

日本で取り扱われているメディカルハーブの多くは、サプリメントの形で販売されています。サプリメントの形であれば、手軽に日常に取り入れることができるのでおすすめです。ただし、含有量を確認しながら摂取するだけではなく、信頼のおけるサプリメントメーカーのものを選ぶようにしましょう。

信頼できるサプリメントメーカーは、「歴史があること」「第三者機関に有用性を認められているもの」「どのような製法で作られたサプリメントかが明確であること」を基準にみてみてください。併用などについての注意書きがあるかどうかなど、消費者目線に立ったメーカーであるかどうかも、基準にするとよいでしょう。

ハーブティーにする場合は、単一のハーブと、複数がブレンドされたものがあります。香りや味が苦手だなと感じた場合は、ブレンドや濃さを変えてみてください。ストレスをためながら取り入れると効果は半減してしまうので、自分が取り入れやすい風味のハーブを探してみてください。

生だったり、ドライハーブにされたものを売られていますが、できればハーブに慣れた人に扱い方を聞くのが一番です。ドライハーブの場合は、必ず信頼できるメーカーのものを。農薬の問題などがあるので、どんな農場で栽培されたハーブかどうかも気にしてみてください。保存にはドライハーブが最も適しています。生の場合は、種類によって使える部位が異なる場合があるので、専門家の意見を聞くのが一番です。

ハーブのある生活は、ただ健康になるという意味だけではなく、日常にちょっとした変化と彩をそえてくれます。あなたの毎日が、今よりもワンランク上の毎日になれるよう、あなたに合ったハーブを見つけて取り入れてみてはいかがでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。