本格的な味を手軽に! 卵の辛酸っぱいスープ

所要時間:10分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

材料も作り方もシンプル。でも、本格的な味になる!

酸辣スープやトムヤムクンなど、辛くて酸っぱいスープは暑いときこそ汗をかきかき食べたくなります。その複雑な味わいには特別な材料が必要な場合もありますが、今回は手に入りやすい材料ながら、短時間で簡単に作れるスープを紹介します。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『牛肉のバジル炒め丼定食(朝10分+夕15分)』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

卵の辛酸っぱいスープの材料(2人分

卵の辛酸っぱいスープ
1個
干ししいたけ (細切り) 5g
にら 1本
400ml
鶏ガラスープの素 小さじ1.5
ナンプラー 小さじ2
少々
こしょう 少々
水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1+水大さじ2
大さじ1
ラー油 適宜
干しシイタケは細切りのものだと、戻さずにそのまま使えて便利です。切ってないものを使うときは、戻してから細切りにします。戻し汁には旨みが多く含まれているので、スープに加えましょう。その場合、戻し汁の分量をひいた水の分量にしてください。

卵の辛酸っぱいスープの作り方・手順

卵の辛酸っぱいスープの作り方

1:スープを火にかける

スープを火にかける
水に鶏がらスープの素と干しシイタケを加えて火にかけ、沸騰したらナンプラー、塩こしょうで味を整えます。

2:水溶き片栗粉と卵を入れる

水溶き片栗粉と卵を入れる
水溶き片栗粉を加えたら、もう一度沸騰させ、とろみをつけます。そのあと、卵を細く流しいれます。 卵は穴あきお玉を通して入れると、固まらずに流しいれることができます。

3:盛りつける

盛りつける
お酢を加えて、火を止め、器に盛り付けます。5mm程度に刻んだニラと、お好みの量のラー油を入れたら、できあがり。

ガイドのワンポイントアドバイス

お酢は加熱しすぎると、酸味や香りが飛んでしまいます。最後に加えて、煮立てないようにします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。