梅雨のお洗濯には手作りアロマ柔軟剤が大活躍!

洗濯物を部屋干しすると雑菌やカビの繁殖の原因となります

洗濯物を部屋干しすると雑菌やカビの繁殖の原因となります

じめじめした梅雨の季節のお洗濯! 洗って干して、生乾きの嫌な臭いが消えない……。そんな悪循環にイライラしていませんか? キレイに乾かず嫌な臭いがする洗濯物は、片づけるのが憂鬱になってしまいますよね。

今回は、以前紹介した「体にも地球にも優しい! 手作りアロマ柔軟剤」のアロマオイル(精油)レシピをアレンジして、洗濯物の生乾きの嫌な臭い対策に役立つアロマレシピを紹介します。お酢やクエン酸水を活用した柔軟剤は、洗濯物の悪臭と洗濯槽のカビ予防に役立ちます。

お風呂場や、水回りにはびこるカビが気になるこの季節は、「クエン酸」を上手に活用したアロマスプレーがお掃除に大活躍。そんな「防カビ対策」に役立つアロマスプレーも併せて紹介します。

洗濯物の生乾きの嫌な臭いの原因

生乾きの嫌な臭いって気になりますよね

生乾きの嫌な臭いって気になりますよね

そもそも洗濯物の生乾きってどうして嫌な臭いがするのでしょう? それは湿気の多い環境にはびこる雑菌やカビが原因。

洗濯物を洗う洗濯槽は、いつも湿気がある状態。毎日洗う洗剤の石鹸カスなどが、洗濯槽にこびりついてそれを栄養にカビや雑菌が繁殖しやすくなっています。

そんな洗濯槽で洗濯物を洗えば、雑菌類は衣類の繊維に付着してしまいます。これを太陽の下で干せば、太陽の光の消毒効果で雑菌類を殺してしまうことができますが、部屋干しや乾燥機では太陽の光と同様の消毒効果を得ることができません。

よって、部屋干し&生乾きの衣類は嫌な臭いがより強力となってしまいます。またこれらの雑菌類やカビは、こびりついた石鹸カスが大好物。石鹸カスを栄養に増殖します。
 
>次のページでは、梅雨の季節に役立つクエン酸とアロマオイルの役割について紹介します