お風呂の壁や水回りにシュッとひと吹き防カビ対策! クエン酸水を使ったアロマスプレー

では、もう1つのアイテム、梅雨の季節の水回り対策に役立つ「クエン酸水アロマスプレー」の作り方を紹介します。

<材料と道具>
■材料 容量 500ml分
・クエン酸        小さじ3杯程度
・水(水道水でOK)   500ml
・アロマオイル(精油) 5滴~10滴(50mlのアロマテラピー用スプレーボトルに対して)

■道具
・500mlの容器(スプレーボトルでもOK) 1個
・ビーカー(大)  1個
・アロマテラピー用のスプレーボトル 1本

<作り方>
クエン酸水と水を混ぜるだけ

クエン酸水と水を混ぜるだけ

(1)500mlの容器にクエン酸と水を入れてよくかき混ぜるか、ボトルをシャッフルしてクエン酸水を作る。これで、クエン酸水は出来上がり!

(2)お掃除で使う、市販の空のスプレーボトルはアロマオイル(=精油)対応であるものは少ないので、アロマオイルをクエン酸水に混ぜて使う場合はアロマテラピー用のスプレーボトルに入れ替えて使用することを心がける。※スプレーボトルを買う時にお店の人に必ず確認することをおすすめします。

 


アロマオイル(=精油)対応のスプレーボトルは遮光になっています

アロマオイル(=精油)対応のスプレーボトルは遮光になっています

(3)市販のアロマテラピー用のスプレーボトルは、50mlサイズが手に入りやすいので、50mlのクエン酸水に対して5滴~10滴のアロマオイルを加えてスプレーにすればクエン酸水アロマスプレーの出来上がり!

最近は通販で100mlサイズのアロマテラピー用スプレーボトルも販売しています。使いやすい物を自己判断で選んで楽しんでくださいね。

汚れや使用目的に応じてクエン酸の濃度を調節するとより上級な使い方になります。

 


 

おわりに

今回は「お洗濯・梅雨対策のアロマ」ということで、抗真菌作用のあるアロマオイルをピックアップしてレシピを紹介しています。肌に付けて楽しむレシピではないため、詳細のアロマオイルの効果効能についての説明は省略しています。但し、アロマオイルの効果効能には様々な活用法があるので、ご自身の体調に関して気になる点がある場合は、身近なアロマセラピストにご相談いただくなど自己管理をしながら安全に活用していただくことをおすすめいたします。

また、今回の記事はアロマオイルの効果やクエン酸水の性質を活かして、より家事を楽しんでいただけることを目的に紹介しています。自己責任で楽しんで活用して頂けたら幸いです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。