「タッジーマッジー」って何?

タッジーマッジー

セージ、ゼラニウム、タイムなどで作ったタッジーマッジー

タッジーマッジー(タジマジとも)とは、ハーブなど芳香のある植物を束ねた小さな花束のことです。ラウンド型にまとめられた花束はノーズゲイ(nosegay)とも呼ばれます。ハーブは、独特の香りで虫を寄せ付けないことや抗菌作用があることから、古くから暮らしの中で利用されてきました。そんなハーブの特性を利用して香りの花束を作り、それを身につけることで疫病を防いだり魔除けにしていたのが始まりです。またこの魔除けの意味から、花嫁が持つブライダルブーケの由来とも言われています。

中世ヨーロッパでは、花言葉に想いやメッセージを込めて贈った歴史もありますが、このおまじないのような言葉の由来については諸説あり、綴りも「Tussie-Mussies」「Tussy Mussy」「Tuzzy Muzzy」など、明確ではありません。このあたりのミステリアスな感じも、いかにも英国の魔女たちが口伝してきたかのようなイメージを抱かせ、魅力的な響きに聞こえますね。

基本的なタッジーマッジーは?

ラウンド型のブーケ

ラウンド型のブーケ

フラワーアレンジメントを嗜んでいる方なら「ラウンド型」でお分かりになると思いますが、基本としては香りの良い花を中心に据えて、その周りをハーブで囲んで丸く(花を正面に向けて円形に)仕上げるのが理想的な形になります。
使用する花やハーブに特に制約はありませんが、バラを中心に据えてまとめるのがポピュラーのようです。

次ページで、タッジーマッジーによく使われるハーブと、作り方をご紹介!