レモンバームとミツバチの所縁

レモンバーム

レモンバーム

レモンバーム(Lemon balm)という名前は英名で、その学名は「メリッサ」。 このメリッサという名前の由来は、「ハチミツ」を意味するラテン語からとか。 その花の蜜を求める蜂たちが集まるので、ビーバーム(Bee balm、Beeはミツバチのこと)という別名もあります。

またギリシア神話に、『神々の王ゼウスは幼い頃に乳母アマルティアに山羊の乳を、アマルティアの妹メリッサに蜂蜜を与えられて育った…』という話があります。このメリッサが蜂蜜をとっていた植物に、そのまま「メリッサ」という名を付けたとも言われています。
レモンバームのデータ

レモンバームのデータ


レモンバームは活力の源

このようにミツバチとは縁の深い間柄のレモンバームですが、その秘められたパワーにも注目!レモンバームは高血圧、神経性の消化不良、頭痛、ストレスなどに良いとされ、更に脳の活性化や若返りといった嬉しい効果も秘めています。 このことから、ヨーロッパでは昔から「活力の歓び」、「長寿のハーブ」と呼ばれ親しまれてきたハーブなのです。

レモンとミントを合わせたような香りを嗅ぐだけでも、イライラや気分の落ち込みを取り除き、爽快感を与えてくれるレモンバーム。お庭に、一株は欲しいハーブですね。

レモンバームを苗から育てる

レモンバーム
ヒョロヒョロよりズングリと茎間が詰まったものを
レモンバームは、苗からの栽培がおすすめです。購入の際は、枝と枝の間が間延びしているものやヒョロヒョロしたものは避け、株元ががっしりした苗を選びましょう。植え場所は日向~半日陰で、保水性と風通しの良い場所が向いています。植え付け2週前に苦土石灰で土の酸度を調整し、その1週後(植え付け1週前)に堆肥をすきこんでおきます。

苗の植え付け後はたっぷりと水やりしますが、その後は乾燥と過湿の両方に気をつけて管理します。肥料は、庭植えではほとんど必要ありません。鉢植えの場合には、月に1度1000倍に薄めた液肥を施す程度で充分です。

梅雨時の蒸れと、夏期の乾燥で枯らしてしまう場合があります。株の蒸れ防止には、収穫を兼ねて枝を透かしたり、3分の1ほど切り戻すなどして風通しを良くしておきます。鉢植えは特に夏期の水切れに注意し、半日陰に移動させたり、必要であれば夕方にも水やりしてあげましょう。

レモンバームは、耐寒性のある宿根草です。冬に地上部は枯れますが、翌春また新芽を出す植物です。降霜前に地上部を切り戻し、マルチングを施しておきましょう。

次ページは、レモンバームの種まきと殖やし方です。