なぜか縁起が良いハーブ、ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリー
ワイルドストロベリーで結婚できるの?!
ワイルドストロベリーは市場に出回っている食用イチゴに比べると葉・花・実とも全体が小ぶりですが、小さな赤い実を鈴なりにしている様は本当に可愛らしいものです。この植物、ヨーロッパでは「Lucky&Love」を、アメリカでは「Miracle」を呼ぶと言われる縁起の良いハーブです。日本でも数年前に、「ワイルドストロベリーを育てて結婚できた」と話題になったことがあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ただし、どうしてこのように縁起の良い言い伝えがあるのかが不明で、私も調べてみたのですが、知り得たのは「キリスト教では正義の象徴とされていた」という、これまた雲を掴むような話だけでした。 良い言い伝えに関しては、「信じるものは救われる」といったところなのかもしれませんね。
ワイルドストロベリーのデータ

ワイルドストロベリーのデータ


ヘビイチゴとエゾヘビイチゴ

ワイルドストロベリーの別名にエゾヘビイチゴとありますが、これは『蝦夷(エゾ、いまの北海道)に自生する(帰化した)ヘビイチゴに似たイチゴ』ということで付けられた名前でしょう。ヘビイチゴ(Duchesnea chrysantha)と本種は異なります。

ヘビイチゴの花 ヘビイチゴの実
ヘビイチゴの花は黄色で、可愛らしいが… 実は垂れ下がらず、食用には適さない

 

ワイルドストロベリーの効能と利用法

ワイルドストロベリーの実
真っ赤に熟したワイルドストロベリーの実
すがすがしい芳香が好まれるワイルドストロベリーですが、利用するのは主にその葉と実です。実は赤く熟したものから収穫して、ジャムや果実酒に利用できます。また、イチゴと同じようにそのままパイなどに入れてもおいしく食べられます。

ただし加工できるだけの量を一度に収穫できるとは限らないので、収穫したものをその都度冷凍保存しておくと良いでしょう。もちろん、そのまま生食で野趣のある甘酸っぱい味を楽しむこともできますよ!
果実にはビタミンや鉄分、カリウムが多く含まれていて、生のまま実をつぶしてパックにすると日焼け後のほてりを鎮めてくれたり美白効果も期待できます。

葉の方は、ハーブティーに利用できます。フレッシュでもOKですが、ドライにしておくといつでも楽しめるのでお勧めです。割とクセのない味ですからハーブティーになじみのない方でも召し上がれると思いますが、お口に合わない場合は紅茶とブレンドしてみてください。 ハーブティーには神経の鎮静作用、利尿、健胃作用があります。また収斂作用もありますのでオイリースキンの収斂化粧水としても使えます。ドライリーフはティーだけでなく、ポプリにも利用できますよ。

この他グランドカバープランツとして、また寄せ植え材料としてガーデニングでも活躍してくれる植物です。(※お肌や体質に合わない場合もありますので、異常を感じたときはご使用をお控えください。)

次ページは、ワイルドストロベリーの育て方・殖やし方です。