大地のりんご、カモミール

カモミール
カモミールの花
カモミールという名前は、ギリシャ語の「khamai(大地の意味)」と「melon(リンゴの意味)」からと言われています。「khamai melon(大地のリンゴ)」と呼ばれるように、その香りはまさに甘酸っぱいリンゴのようです。

「カモミール」とは厳密には「Matricaria recutita」、つまりティーとしてよく利用される「ジャーマンカモミール」を指します。別種に、全草が香り「香りの芝生」となる多年草「Anthemis nobilis(キク科:アンテミス属)」、通称「ローマンカモミール」があります。同じく多年草の「Anthemis tinctoria」は、通称「ダイヤーズカモミール」と呼ばれ、こちらは黄色い花を染料に用います。
カモミールのデータ

カモミールのデータ


カモミールは「植物のお医者さん」

ダイヤーズカモミー
こちらは染物に利用されるダイヤーズカモミール
ヨーロッパでは、紀元前2000年頃から薬用として用いられていたカモミールですが、カモミールティーなどがもたらす鎮静効果はもう既に皆さんもご存知のことでしょう。カモミールにはこの鎮静効果のほかに、不眠症の改善、発汗作用、消化促進などの効果があり、初期の風邪にも効きます。また、ジャーマンカモミールは消炎作用、便秘解消、月経痛の緩和、生理不順、美肌効果もあり、「マザーハーブ(母の薬草)」とも呼ばれています。

このカモミールは人間の健康に良いだけでなく、「植物のお医者さん」という名も持っており、コンパニオンプランツとしても有用されています。カモミールの害虫としてアブラムシが挙げられますが、例えばバラの傍にカモミールを植えておくと、アブラムシはカモミールにつき、バラへの被害が避けられます。キャベツや玉葱といった食用植物とも相性が良いようです。

また、弱った植物の傍にカモミールを植えると、その植物が元気を取り戻すとも言われていますので興味のある方は、試してみてはいかがでしょう。

ジャーマンとローマンの違い

カモミール
どちらもリンゴのような香りがするけど……
ジャーマンカモミールとローマンカモミール、どちらもリンゴのような芳香を持ち、ティーやハーブバス、ポプリに用いられるハーブですが、両者の違いはどこにあるのでしょう?

【違いその1.】
ジャーマンカモミール⇒一・二年草
ローマンカモミール⇒多年草
【違いその2.】
ジャーマンカモミール⇒花だけに芳香がある
ローマンカモミール⇒花だけでなく茎葉も香る
【違いその2.】
ジャーマンカモミール⇒炎症を鎮める成分「カマズレン(アズレン)」を含む
ローマンカモミール⇒「カマズレン」を含まない

以上が両者の違いとして挙げられます。
また、見た目だけでは違いがはっきりしないかもしれませんが、ローマンカモミールの方がジャーマンカモミールに比べると花がやや大きく、中心の黄色い部分(花托・かたく)が平たいのが特徴です。

次ページは、カモミールの育て方です。