男性更年期の治療法

あ

男性更年期は男性ホルモンの低下で30代以降に起こる症状です。

男性の更年期は、LOH症候群と呼ばれ、男性ホルモンの分泌が低下することで、不調が現れる症状です。男性更年期は、年齢に関係なく30代以上から発生する人もいます。

たとえば転職、転勤、昇進などで、仕事の環境が変化したり、急に責任が重くなったりすることで、仕事のストレスが大きくなると、ホルモンの分泌が減っていきます。

また、急激に太ったり、運動不足になったりして、筋肉量が減ることでも、男性ホルモンの分泌が減ります。

おもな男性更年期の症状は次の通りです。

男性更年期の症状
  • 身体症状
疲労感、めまい、ほてり、発汗、頭痛、筋肉痛、筋力低下、動悸、息切れ、のぼせ、口の乾き、頻尿、尿が出にくい、肩こり、関節痛、食欲がない、耳鳴りなど
  • 精神症状
不安、落胆、落ち込み、イライラ、不眠、意欲が出ない、うつ、集中力の低下、記憶力の低下など
  • 性機能症状
性欲の低下、いわゆる「朝立ち」の消失、セックスの回数減少、ED(勃起障害)、射精障害、オーガズム障害など

どの症状も「もう若くないから」と年齢のせいにしがち。特に起床時の勃起、つまり「朝立ち」などは軽視しがちですが、「朝立ち」が1カ月以上ない場合は、男性更年期障害や糖尿病などほかの病気も疑われますから医師に相談しましょう。

男性の更年期障害が女性よりも厄介なのは、女性にみられる「閉経」のような目安となる大きな体の変化がなく、しかも性格や体質などによって個人差があるので、しばしば発見が遅れてしまうことにあります。早めに医師に相談しましょう。

男性更年期の治療

あ

男性更年期の治療法もいろいろあります。

男性更年期の治療も、女性と同じようにホルモン補充療法はあります。方法も飲み薬、注射、シール状のパッチなどさまざまで、自分の症状とライフスタイルに合った方法を医師と相談して選びましょう。

また漢方薬や抗うつ薬などの処方をする場合もあります。いずれにしても、担当の医師から、詳しい説明を聞いて、自分で納得できる方法で、治療を開始しましょう。

次のページでは、男性更年期を改善する生活についてご紹介します。