クエン酸水を使った手作りアロマ柔軟剤について

ガイドは自らの育児経験から今回は「お酢の柔軟剤」を紹介しましたが、クエン酸水でも同様に手作りアロマ柔軟剤を楽しんでいただけます。暮らしのオールアバウトにてレシピが紹介されていました。こちらも併せて参照ください。

部屋干し派におすすめ! アロマ柔軟剤の作り方

 

天然アロマの柔軟剤がスメハラ対策に役立つ理由

天然アロマオイル(精油)でも、「香り」があるので「スメハラ」に無関係とういことではありません。天然アロマの香りであっても、「好き、嫌い」は必ずあります。しかしながら、こちらは有機化合物であるので、芳香分子の形態が自然界のものであるものになります。よって、残香がほぼなく、空気中に馴染んでいくのが特徴です。

しかしながら、市販の柔軟剤はほとんど合成香料で香りが作られています。これは化学反応を利用して人工的に香りがつくられているものであるので、芳香分子の形態も自然体ではないという事です。よって、芳香分子が空気中に残ることが多いので残香があるため、香水や柔軟剤などは香りが長時間楽しめます。

残香が少ない天然香料のアロマオイル(精油)は、長時間香りを保つことは難しいですが、芳香分子の形態も自然のものであるため、体にも地球にも優しくハラスメント対策という点では、合成香料よりは適していると言えるでしょう。

しかしながら香りの嗜好は個人によって異なります。アロマオイル(精油)であっても、種類や使用量を上手にコントロールしましょう。


アロマ柔軟剤の使用についての注意点

手作りアロマ柔軟剤は、市販の柔軟剤と同様とまでは難しいですが、ナチュラルな柔らかさと天然素材の優しさを感じることができる体にも地球にも優しい柔軟剤です。ガイド自身が役立ったこの柔軟剤が、同様の状況の方々に役立つアイテムとなれば幸いです。

アロマ柔軟剤で洗濯した衣類の乾燥機の使用については注意してください。稀なケースですが、エステサロンにてアロマオイルマッサージで何回も使用したタオルを乾燥機にかけて火事になったケースがあります。乾燥機の劣化具合や、タオルの使用頻度など様々な理由が背景にありますが、自分で手作りしてアロマオイル(精油)を使用していますので、ご家庭で判断して使っていただくことをお願いいたします。

手作りアロマクラフトは、料理と同じく自己責任で楽しむものです。安全にアロマクラフト作りを楽しんでいただくために、「アロマコスメの作り方・注意事項」「精油のローテーションについて」の記事を最初に読んでいただくことをおすすめします。

手作りアロマクラフトの材料はナチュラルな素材であり、基本的に肌に優しいクラフトに仕上がりますが、全ての方の肌に合うとは限りません。アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、必ずパッチテストをしてから使用していただくことをお願いします。

精油の効果効能に関しては、アロマテラピーを学ぶ上で必要な学術上の知識を参考に紹介しています。それぞれの効果効能は治療を目的としたものではありません。精油の知識に関してご不明な点は、必ず身近で確認できるアロマセラピストや、ショップの店員、専門家に確認し安全にアロマクラフト作りを楽しんでください。

※パッチテストとは、腕の内側などにテストしたい材料を少し塗布して、赤くかぶれるなどの反応が出るかを確かめるテストです。精油1滴を、ティースプーン1杯くらいのお水で薄めて皮膚に塗布します。他の材料は、そのまま直接塗布してください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。