そもそもストレスって?

あ

時間に追われ、人間関係に悩む現代人はストレスだらけの生活を強いられています

ストレスには次のようなものがあります。ほんの一例ですが、皆さんがいかに多くのストレスにさらされているかがイメージしやすいように例を挙げておきます。

・ストレスの例
人間関係(親子・夫婦・職場・学校など)、睡眠不足、失業、転職、転勤、受験、転校、引っ越し、貧困、過労、ケガ、病気、運動不足、放射線、活性酸素、農薬などの毒物、カフェイン、アルコール、ニコチン、アレルギー物質、栄養不足、肥満、薬、恐怖、寒さや暑さなど。

ストレスの正体が何となくわかってきました。健康を維持しながらストレスに対処するためには上記のようなストレスとどのように付き合えばいいでしょうか? そのポイントは次の3つ。

1. できるだけ悪いストレスを避けて生活する
2. ストレスに耐えられる力を蓄える
3. ストレスで受けたダメージを修復する力を蓄えること


悪いもの、疲れるものに接触しない

あ

ストレスを感じる人、場所などはなるべく避けてみよう。避けられない場合は、ストレスを感じると自分が老けてしまう!と考え、ストレスを感じないように工夫しよう

具体的に、1については、まず自分の生活の中にある「ストレスを感じる悪いもの、エネルギーを使うもの、疲れるもの」を探して見直しを行い、なるべく悪いストレスを受けないように生活を改善することです。

2については、呼吸法や瞑想法、具体的には太極拳やヨガ、ウォーキング、ピラティス、ストレッチなど、自分に合った方法で、自分自身のストレス耐性を高めて、ストレスに動じない強い心と体をつくることです。しかし、疲労がたまっている状態ではそれもなかなか難しいので、新しい運動などを始める場合は、約1か月程度はマイペースでゆっくりと取り組んでください。

食生活を大切に!

あ

リラックスできる方法や友人関係などを行こうに活用してストレスを溜めないようにすればホルモン分泌も正常になるはず

3について大切なのは、食事です。ホルモンの原料になるのは脂質やタンパク質、ビタミンやミネラルです。それらを多く含む色鮮やかな野菜やフルーツ、不飽和脂肪酸の多いオリーブオイルやナッツ類、豆類、全粒粉の穀物などを取り入れましょう。

逆に控えたいのが砂糖入りのコーヒー、甘いケーキやジュース、チョコレート、アルコール、炭水化物など。一時的に血糖値を上げて元気を回復してくれる糖質類ですが、悪循環が繰り返されると肥満や糖尿病のリスクが高まります。

また、食物アレルギーが、ストレスになって副腎疲労を起こしているケースもあるので、アレルギーテストを受けてみるのもおススメです。

ホルモン疲労を癒す特製スープ

あ

とっても簡単で野菜をたっぷり補給できるスープ

最後に、アドレナルファティーグの提唱者である、ジェームズ・L・ウィルソン博士が提唱する「副腎機能を回復するスープ」のレシピをご紹介します。作り方はとても簡単! 材料をすべて混ぜ合わせて、野菜が柔らかくなるまで煮込むだけで出来上がりです。
【材料】
さやいんげん 450g
セロリのみじん切り カップ1
ズッキーニの薄切り 1本分
玉ねぎのみじん切り 中1個分
トマトジュース カップ1
ミネラルウォーター カップ1
生のハチミツ 大さじ2
パプリカパウダー 小さじ1
チキンコンソメ カップ1
コショウ 適量

■取材した先生
ジェームズ・L・ウィルソン博士
あ

ジェームズ・L・ウィルソン博士

アリゾナ州立大学で臨床栄養学のPh.Dを取得。副専攻として免疫学、微生物学、病理学、毒物学も学ぶ。カイロプラクティックと自然療法医学の博士号も取得。24年間の臨床経験の中で数百人のアドレナルファティーグ患者の治療に携わり、副腎機能と内分泌機能のバランス異常が健康に与える影響についての専門家としても認められている。

本間良子/ホンマリョウコ(スクエアクリニック 院長)
聖マリアンナ医科大学医学部卒業後、同大大学病院総合診療内科入局。 第一クリニック内科勤務を経て2006年11月より現職。専門は内科、皮膚科。 日本抗加齢学会専門医、日本医師会認定産業医。米国抗加齢医学会フェロー。

本間龍介/ホンマリュウスケ(スクエアクリニック 副院長)
聖マリアンナ医科大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。 日本抗加齢医学会専門医、米国抗加齢医学会フェロー。 アンチエイジング医学を応用し、アトピー、ぜんそく、花粉症などのアレルギーの治療にも取り組んでいる。日本医師会認定産業医、日本内科学会会員。
あ

日本で唯一アドレナルファティーグの診療を実践しているスクエアクリニックの本間龍介先生と本間良子先生



スクエアクリニック 

『医者も知らないアドレナルファティーグ』
(ジェームズ・L・ウィルソン著/
本間龍介・本間良子翻訳)




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。