りんごを使ったフィンランドの離乳食レシピ

カテゴリー:スイーツジュース

 

自然いっぱいのフィンランド

フィンランドの食事を調べていると、自然の恵みをそのまま食卓に出している印象があります。昔の日本の食卓に通じるものがありますよね。日本は世界各国の料理が手軽に食べられるようになりましたが、フィンランドは食に対しては保守的。昔の味が、今も引き継がれています。私たち日本人も学びたいものです。「自然の恵みをそのまま伝える食卓」は、まさに離乳食にはぴったりと言えますね。

「KIISSELI(キーッセリ)」とは、片栗粉かコーンスターチなどでトロミをつけたジュースに、ベリー類を加えたフィンランドの代表的なデザートです。トロミ具合はゼリーやプリンよりずっとやわらかく、葛湯のような感じです。作り立てのほんわか暖かいものを食べるも良し、冷蔵庫で冷やしておいても良しです。子供から大人まで食べられるデザートです。今回は、赤ちゃん用なのでジュースではなく水で作って、薄味に仕上げました。

りんごのキーッセリの材料(赤ちゃん2-3皿分

りんごのキーッセリ
カップ1(200cc)
片栗粉 大さじ1
りんご 1/2~1/4個分

りんごのキーッセリの作り方・手順

りんごのキーッセリの作り方

1:

小鍋で分量の水を沸かし、沸騰したら大さじ1程度の水(分量外)で溶いた片栗粉を加えダマが出来ないようよく混ぜます。

2:

りんごはすりおろし金などですりおろします。(写真はチーズおろし器)

3:

1が葛湯のようなトロミがついて透明感が出てきたら火から下ろし、2のりんごを混ぜてできあがり!! 人肌程度に冷まして赤ちゃんにあげてください
1歳以降であれば、水ではなく100%りんご果汁などで作ってもいいでしょう。

ガイドのワンポイントアドバイス

大人用にはりんごジュースで作るか、水で作ったものに砂糖やハチミツを足すといいでしょう。器に取り分けてから、グラニュー糖を適宜表面に振りかけておくと、熱いキーッセリの表面に湯葉のような膜がはるのを予防できて、味もさらにおいしくなって一石二鳥です。りんごと相性のいいシナモンパウダーを振ったりシナモンスティックを添えたりすると一層おいしくておしゃれですよ。※離乳食・幼児食は、誤った方法による実践に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。月齢や年齢に応じた食材を使用し、衛生面や食物アレルギーを十分に考慮したうえで、正しい方法で行ってください。気になる症状がある場合は自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。