朝10分で!野菜もたっぷり焼き肉弁当

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかず焼き肉

 

忙しい朝でも大丈夫、2品を10分で完成

新年度が始まります。これを機にお弁当作りを始めてみようという方も多いかもしれません。でも、朝は慌ただしいもの。簡単に手早く作りたいですよね。

そこで今回は、2品を無理なく10分以内に作るお弁当メニューを紹介します。冷凍食品や電子レンジ、キッチンバサミも駆使し、手順や手間を最大限減らしつつ、彩りよく、野菜もたっぷりとれるお弁当にしました。料理に慣れない人でも15分見ておけば、絶対に大丈夫です。ぜひトライして。

野菜もたっぷり焼き肉弁当の材料(1人分

ミニトマトとブロッコリーのマヨネーズ焼きの材料
ミニトマト 2個
ブロッコリー (冷凍食品もしくは茹でたもの)2房
マヨネーズ 少々
焼き肉の材料
牛肉 (薄切り肉)70g
パプリカ 1/4個
レタス 1枚
醤油 小さじ1/2
みりん 小さじ1/2
オイスターソース 小さじ1
白ごま 少々
ごま油 小さじ1
七味唐辛子 (お好みで)少々
ご飯 1膳分
豚の薄切り肉でも美味しく作れます。

野菜もたっぷり焼き肉弁当の作り方・手順

ミニトマトとブロッコリーのマヨネーズ焼き

1:

ミニトマトとブロッコリーをカップに入れ、マヨネーズを絞り、トースターで5分ほど焼きます。
冷凍ブロッコリーは電子レンジで加熱すると食感が悪くなることがありますが、トースターで焼けば気になりません。

焼き肉の作り方

2:材料を切る

材料を切る
レタスは手で小さくちぎり、黄パプリカは芯と種を取り除き細切りに、牛肉は食べやすい大きさに切ります。
包丁に慣れない人は、パプリカや牛肉は包丁を使わずにキッチンバサミで切ってもOK。包丁やまな板を洗う手間も省けます。

3:合わせ調味料を作る

合わせ調味料を作る
しょう油・みりん・オイスターソース・白炒りゴマを合わせておきます。

4:肉を焼く

肉を焼く
フライパンを熱し、ごま油を温め、牛肉を加えます。肉の色が変わったら、パプリカを加え、合わせておいた調味料を入れ、さっと炒めあわせます。

5:お弁当箱に詰める

お弁当箱に詰める
お弁当箱にご飯を詰め、レタスを敷き、その上に肉を乗せます。お好みで七味唐辛子を振って。

ガイドのワンポイントアドバイス

まずミニトマトとブロッコリーのマヨネーズ焼きをトースターに入れてから、焼き肉の手順で進めると、時間の無駄がありません。焼き肉の合わせ調味料は、市販の焼き肉のたれを使ってもOK。より時短で仕上げられます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。