基礎代謝UP!「赤筋」を刺激して、太らない体を手に入れよう!

「赤筋」を刺激して、基礎代謝をアップしましょう!

「赤筋」を刺激して、基礎代謝をアップしましょう!

「あー、この一口がおデブの元」と言いながら、ついつい美味しい物を食べてしまうのは、誰でも同じ。でも、同じ一口でもそのまま体重が増えて行く人と、そうでない人がいるのはなぜなのでしょうか?遺伝?普段の生活?いろいろと原因はありそうですが、決定的に違うのは基礎代謝量です。この基礎代謝量を上げると、確実に痩せやすい体に変化します。

そもそも、新陳代謝が活発で免疫力も高い、健康な人の基礎体温は、約36.5℃と言われていますが、最近では35℃代からそれ以下の低体温の人が増えています。
基礎代謝が低下すると脂肪を燃焼しにくくなり、太りやすい体になってしまいます。しかし、基礎代謝がUPすれば、平熱も正常になり、脂肪燃焼しやすい、ポカポカの体になります。

では、どのようにすれば基礎代謝を上げられるか?というと、運動で筋力をつけるしかありません。「えー、結局運動しかない?」と思わないで下さい。逆にいえば、この筋力をつけてしまえば、いつまでも女性であれば、13歳の頃の基礎代謝量をキープ出来るのです。

しかも、脂肪燃焼効率のいい、「赤筋」を刺激するように動けば、無理なく、引き締まった美しい体になるはずです。「赤筋」は、持久力に優れ、毛細血管が多く、酸素が豊富に供給されるので、エネルギー消費量が高く、基礎代謝するための筋肉なのです。イメージするなら、マラソンランナーのようなホッソリ引き締まった筋肉です。この赤筋が増えれば、寝ている間でも体脂肪が燃え、太りにくい体になるのです。この反対が、「白筋」という筋肉でイメージするなら瞬発力を必要とする、短距離選手のようなムキっとした筋肉です。

今回は、体の裏側にある基礎代謝&体温を上げる「赤筋」を刺激しながら、基礎代謝アップするエクササイズをご紹介しましょう。