技(スキル)でリードするということ

これからは益々プロとしての卓越した技能が求められます

今のことを主体的に取り組んでいるかかどうかで、将来の成長具合が変わってくる

新卒社員として入社した時点では実務能力や専門能力が0です。3年、5年、10年と時間の経過とともに、職務を通じたスキルが向上していきます。職場の上司や先輩から叱咤激励されながら、依存から自立への道を徐々に駆け上がるのです。同じ職務であっても1年でマスターする人もいれば3年以上かかる人もいます。この差はどこから生まれるのでしょうか。

それは仕事への取り組み姿勢です。ただ漫然と言われたことをこなすのではなく、主体的に取り組んでいるかどうかの違いでしょう。その前提として、自分の中長期的なキャリア目標を持っているかどうかです。その目標に向けて、今の職務をいついつまでにマスターするというアクションプランが自ずと策定できるのです。実務能力や専門能力が向上し、いつでも成果が出せる状態になれば、依存から自立のステージとなります。このステージが世間一般では管理職ということになります。

キャリアを構築し転職を含め次のステップを考えた場合、最初の会社でこのレベルまで辿り着くことがキャリア戦略上必要条件といえるでしょう。ガイドの私はヘッドハンティングの仕事をしておりましたが、職務経歴書を見るポイントの1つでもあるのです。

どんな組織でも構造的には変わりません。すぐに諦めるのではなく、まずは石の上にも3年を肝に銘じて、いち早く管理職になることを第一目標として腰を据えて取り組みましょう。

心(マインド)でリードするということ 

体や技は自分をリードする部分が大きいのですが、心については人をリードする部分に直結します。人を統率することがリーダーシップですが、まずは前提として「あの人はできる人だ」とその分野における技能の卓越性が求められます。その技術に憧れの念を持つのです。

クリエーターの世界では、人々を魅了する作品を創作する人の下に弟子入りします。憧れの師匠から技を盗んでいくわけです。そして、一定の経験を積んで自立のステージに上がると独り立ちしていきます。ただし、技のみでリードする場合、小さな所帯は統率できますが大きな所帯は統率が難しいでしょう。

ここで必要なのがマインドです。心でリードするということは「あの人はできた人だ」という人柄や人間性、人間的な魅力を意味します。同じことを発しても、あの人の言葉は自然と受け入れられる、あの人の言葉は何か胡散臭いと評価が分かれるもの。その人を信頼できるかどうかは、基本的な行動の積み重ねでしょう。次頁に、「信頼を獲得するための7つの習慣」を記しましょう。