リーダーの力量はいかにメンバーの能力を活かすかに尽きるでしょう

リーダーの力量はいかにメンバーの能力を活かすかに尽きるでしょう

強いチームとは何か

リーダーは統率するチームの成果そのものが評価されます。リーダーになった時点で、今までのような個人戦から団体戦に変わるのです。よって、マインドセットを変える必要があります。

ガイドの記憶として、“自分でやるな、部下にやらせろ!”という表現がありましたが典型例でしょう。メンバー一人ひとりのやる気が高いチームは強いチームと言えます。その意味でモチベーション・マネジメントは重要な要素です。

以下の4つはメンバーを統率するための基本的要件です。まずはご自身でセルフチェックしてみて下さい。

1.嫌われる勇気を持つ

パーソナリティー(性格特性)は人それぞれですが、どうも人に対して厳しい態度を取るのが苦手な人は少なくありません。かつて「鬼軍曹」という言葉もありましたが、昨今聞かれなくなりました。これは成長期の産物と言えましょう。研修中や研修後にコーチングを行うことがありますが、クライアント(依頼者)の中でかなり多い悩みなのです。

度を越した民主主義は統率するという観点ではマイナスに働くことでしょう。適度にメンバーの意見を取り込むことは大切ですが、上からの意向と下からの意向は往々にして一致しないものです。職責上の役割や機能という観点であれば、上からの意向を形にすることなので、時には役割を果たすためには冷徹であることが求められます。

そうした時、以下のように捉えることをお薦めいたします。リーダーは嫌なことを言う仕事であり、嫌われるということは当たり前であること。360度、全ての人からの評価を得ることは基本的に不可能であることを肝に銘じましょう。メンバーの2、3割がアンチにまわっても、7、8割が推進役であればまず問題ないことでしょう。

2.ビジョンへの共感を抱かせる

メンバーを束ね、統率していくためには、わかりやすい旗印が必要です。旗印はメンバーの共感を得るものがいいでしょう。それを達成した時の喜びや社会的な影響や意義をきちんとメンバーに伝えることです。

指示や命令によるリーダーシップは個人が成熟した日本ではもはや時代錯誤と言えます。共感や同調によるリーダーシップが今の時代に適合するでしょう。オピニオンリーダーという言葉がありますが、まさに共感や同調という形の象徴的なリーダーです。

ビジョンは明確でわかりやすい形で表現することが大切です。その目的地に辿る道筋、つまり、戦略・アクションプランが策定しやすくなるからです。