フォロワーシップは「部下が発揮する力」ではない

皆さんは「フォロワーシップ」という言葉を知っていますか? あらためて、フォロワーシップとは何でしょうか? その答えに近づくために、まずは下の質問に答えてみてください。

Q1.あなたが組織やチームのリーダー(課長、チームリーダー、キャプテンなど)だとします。さて、あなたに必要なのはリーダーシップでしょうか? フォロワーシップでしょうか?

Q2.あなたは組織やチームのなかのフォロワー(部下、一メンバーなど)だとします。さて、あなたに必要なのはリーダーシップでしょうか? フォロワーシップでしょうか?

もちろん、フォロワーシップという言葉を知らなければ答えようもないのですが、多くの人は、Q1にはリーダーシップ、Q2にはフォロワーシップと答えるのではないでしょうか。「リーダーが発揮すべきは部下に対するリーダーシップ」「フォロワーが発揮すべきはリーダーに対するフォロワーシップ」と、一般的にも整理されています。

私が2009年に『リーダーシップからフォロワーシップへ』(阪急コミュニケーションズ)という本を著したとき、まだ、日本でフォロワーシップという言葉はほとんど浸透していませんでした。その後、ずいぶん浸透しましたが、「フォロワーシップ」の概念はリーダーシップと対比され、このように言及されることが多いようです。

しかし、このとらえ方は、フォロワーシップの本質を見誤る原因になると私は考えています。これだと、リーダーが行ったことはすべてリーダーシップであり、フォロワーの行動はすべてフォロワーシップということになってしまうからです。つまり、その本来の意味がきちんと整理されているとは思えないのです。

現場が強い組織は、フォロワーシップが強い組織とは言い切れない

そもそもリーダーは「リード(Lead)する」という動詞から来ているのですから、組織をリードする、つまり便宜上は「上に立つ人」であり、フォロワーは「フォロー(Follow)する」という言葉に由来する「追随する人」、組織上はリーダーの下に位置する人です。上に立つリーダーが強く指示を出したとき、それはリーダーシップの発揮に違いありませんが、フォロワーが強くチームを引っ張るような発言をしたら、それはフォロワーシップを発揮したことになるのでしょうか?

この誤解は、「日本企業の強さの源泉は、フォロワーシップ」という企業の方々からよく聞く言葉に潜む誤解にもつながっていきます。そういう人の話をよくよく聞いてみると、カリスマリーダーがマネージするトップダウン型の欧米企業とは異なり、現場のフォロワーの力が日本企業は強いから、という意味のようです。あるいは、現場が強い組織のことを、「フォロワーシップの強い組織」と表現する人もいます。

すると、日本企業にはリーダーシップは存在しなかったのか、そこにはリーダーは必要なかったのか、という話になってしまいます。現場が自律的に動く組織を束ねるリーダーシップを「サーバント型(従者型)リーダーシップ」という言葉まで登場して説明しようとしますが、これは明らかに矛盾がありますよね。では、どうとらえるべきでしょうか?