尊敬できるリーダーとは?

やる気だけではリーダーシップを発揮できません

やる気だけではリーダーシップを発揮できません

みなさんにとって「尊敬できる上司」とはどのような人物でしょうか? リーダーとして、どのような人についていきたいと考えますか? 私は、大きく2つに分けられると思います。

1つめはその人自身の能力が高いことです。ある一定レベル以上の能力がない限り、リーダーというポジションは務まりません。口先だけでものを言うような人には誰もついてきません。

そして、もう1つが「人柄がいい」「人として信頼できる」など、性格的に魅力的な人です。例えば、尊敬できる上司の特徴ランキング(参照:goo ランキング)の1位から10位までを見ると、「責任転嫁しない」「決断力がある」などの他に「信頼感がある」「偉ぶらない」「人間的な魅力がある」など、人間性が重要だと考えられる意見が目立ちます。このように、上司として、リーダーとしてついていきたいと思わせるには、能力面・性格面ともに重要であることが分かります。

優秀なリーダーは技と心でリードする

端的に言えば、能力が高い人のことを「できる人」、性格・人柄がよい人のことを「できた人」と呼ぶことができます。優秀なリーダーとはこの両方を兼ね備えた「できる・できた人」のことを指します。読者のみなさんにも、ぜひこの両方を持つリーダーを志していただきたいと思います。

言い換えれば、技でリードするタイプ、心でリードするタイプということです。卓越した技能で引っ張っていくタイプは職人タイプと言えるでしょう。

ある一定の規模であれば務まるのですが、組織が大きくなればなるほど心でリードすることが求められます。課長レベルまでは技のみで通用するかも知れませんが、部長以上になると+αである人間的な魅力が必要条件となるでしょう。 

まずは自分と他人の性格特性を把握しよう

リーダーシップの能力は「人との関わりの中で醸成していくスキル」だと考えられます。つまり、対人関係における最低限の人間科学を理解することは、リーダーにとって必要不可欠なことです。

人間科学を理解するために、今回は、心理学で非常に有名な考え方であるエゴグラムを用いて、人のタイプをそれぞれ5つに分類して説明していきます。ここでは、まず自分がどのような性格特性を有しているのか認識します。そして、リーダーとして人を導いていく立場であることを念頭に置いて、他人をリードする場合の1つの参考として、この性格特性データを見ていただきたいと思います。

性格特性は「活かす」もの

人はそれぞれ持ち味が違うもの。性格特性を把握して、強みを活かそう!

人はそれぞれ持ち味が違うもの。性格特性を把握して、強みを活かそう!

性格特性は、能力ではなく特性です。特性とは能力と違い、レベルが問われるのではなくてタイプを意味します。能力は伸ばすものであり、特性は活かすものです。遺伝の影響を受ける気質は生来的であり、なかなか変えようと努力しても変わらない、“三つ子の魂、百まで”と言われるものです。

まずは、以下の性格特性テストを用いて、ご自身の性格特性についてチェックし、それぞれの要素を数値化して下さい。そして、得点が高い要素を中心に見ていきましょう。1番目に高い部分、2番目に高い部分というように。自分の性格を理解すること、その特性をどのように活かしていくかを重点的に見ていきましょう。