良い習慣こそ、良い人格を形成する

良い習慣こそ、良い人格を形成する

20年以上愛される名著「7つの習慣」

リーダーシップについて語っている名著である、スティーブン・コヴィー著「7つの習慣」とガイドが出会ったのは90年代中盤で今からもう20年近く前のことです。東京の神田界隈の当時の小さな事務所で翻訳者でもある代表のスキナー氏と歓談しました。日本語版がリリースされる頃です。彼は一生懸命英語でメモを書きながら、流暢な日本語で熱心に説明されたことを鮮明に覚えています。

良い習慣こそがリーダーシップに繋がる

この本はコヴィー・リーダーシップ・センターの創立会長であるスティーブン・コヴィー氏の著作です。今でも海外の国際空港内の書店に置かれているロングセラーで、全世界で3000万部売れているバイブル的な名著です。日本でも累計180万部を売り上げています。

以下、この本のエッセンスを中心にガイドなりに解説していきたいと思います。どうしてこの本が役に立つかというと、良い習慣こそがリーダーシップに繋がるという、原理・原則に基づいており、共感すれば即行動に移すことができるからです。この本を通じて、自己を発見し、自己を変革された人も多いことでしょう。

まず、冒頭で「パラダイムと原則について」が書かれています。そこでは“正しい生き方なくして真の成功はあり得ない”と記されています。つまり真の成功とは、自分だけの繁栄という個性主義による成功でも、表面的・経済的な成功でもなく、優れた人格を持つことによって導かれる成功だと説いています。

パラダイムとはモノの見方を示します。著者のコヴィー氏は、優れた人格が原理・原則中心のパラダイムに立脚すると考えています。人格は繰り返す行動の総計であり、それゆえ単発的な行動ではなく、習慣こそが重要と謳っています。

人間の成長過程は3つのステージに分けられる

人間の成長過程は3つのステージから成り立ちます。20年前に会った際、スキナー氏が書いた英語のメモではここが一番印象的でした。それは共通部分であるdependent(依存)の頭に、in-(自立)やinter-(相互依存)が付くと成長のステージが上がるということです。

成長のステージとは依存のステージ→自立のステージ→相互依存のステージ、英語であれば、dependentindependentinterdependentと大変分かりやすいものです。インターネット以前の80年代に創られたフレームワークですが、今のようなフラットなネットワーク社会でも十分に共感できるものです。

依存のステージはまだまだ半人前の状態をイメージして下さい。この状態ではまず、3つの習慣がきちんと獲得できれば、次の自立のステージとなります。これは私的成功のレベルといえます。ここで一人前となって始めて、管理・監督できるレベル、つまり真のリーダーとなれるのです。

次ページでは、ポイントを列挙します。