キャリア・アンカーについて

キャリア・アンカーとは職業選択をする上での重要な切り口であろう

キャリア・アンカーとは職業選択をする上での重要な切り口であろう

キャリア・コンサルタント資格等、キャリアについて学ぶ方にとってはとてもポピュラーな用語の一つです。「キャリア・アンカー」とは、アメリカ合衆国の組織心理学者、マサチューセッツ工科大学経営大学院、名誉教授エドガー・シャイン氏によって提唱された概念です。

シャイン氏は近著「問いかける技術」を出され、これまでの欧米流のコミュニケーション文化に一石を投じ、コミュニケーションにおける新しいリーダーシップを提唱しています。

→バックナンバー「リーダーに必要な謙虚さ―「問いかける技術」とは」をご参照

キャリア・アンカーとは、個人がキャリアを選択する際に、自分にとって最も大切で、これだけはどうしても犠牲にできないという価値観や自分の軸を指します。

船の“錨”(アンカー:Anchor)のように、職業人生の舵取りのよりどころとなるキャリア・アンカーは、一度形成されると変化しにくく、生涯にわたってその人の重要な意思決定に影響を与え続けるとされています。また、周囲が変化しても自己の内面であまり変わらないものを示します。

キャリア・アンカー-8つの分類

シャイン氏は主なキャリア・アンカーを「全般管理コンピタンス」「専門・職能別コンピタンス」「保障・安定」「起業家的創造性」「自律と独立」「社会への貢献」「純粋なチャレンジ」「ワーク・ライフ・バランス」の8つに分類しました。

全般管理コンピタンス - 組織の中で責任ある役割を担うこと-集団を統率し、権限を行使して、組織の中で責任ある役割を担うことに幸せを感じる

専門・職能別コンピタンス - 自分の専門性や技術が高まること-特定の分野で能力を発揮し、自分の専門性や技術が高まることに幸せを感じる

保障・安定 - 安定的に1つの組織に属すること-一つの組織に忠誠を尽くし、社会的・経済的な安定を得ることを望む

起業家的創造性 - クリエイティブに新しいことを生み出すこと-リスクを恐れず、クリエイティブに新しいものを創り出すことを望む

自律と独立 - 自分で独立すること-組織のルールや規則に縛られず、自分のやり方で仕事を進めていくことを望む

社会への貢献 - 社会を良くしたり他人に奉仕したりすること-社会的に意義のあることを成し遂げる機会を、転職してでも求めようとする

次ページで、残りの2つを。