日本一有名な広報担当者

乙部 綾子さん 株式会社ライブドア メディア事業部 広報宣伝グループ アシスタントマネージャー
乙部 綾子さん 株式会社ライブドア メディア事業部 広報宣伝グループ アシスタントマネージャー
96年2月から約4年半、日系・外資系航空会社の客室乗務員として活躍。その後、高級レストランのレセプショニスト、秘書アシスタント業務を経て、02年10月ライブドア入社。ブログ『ライブドア広報・乙部綾子のお仕事日記』更新中『私のポジティブ仕事術40のヒント』(双葉社)。詳細プロフィールはこちら
ライブドアvsフジテレビの攻防の最中、突如注目を集めるようになったライブドア広報担当の乙部綾子さん。一般的な広報業務だけではなく、自らテレビにも出演して広告塔の役割も果たすなど、新しいタイプの広報担当者として注目されている。

彼女の活躍を見て「広報をやってみたい」と思った人も多いのではないだろうか? そこでガイドは乙部さんにインタビュー取材を申し込み、彼女に広報の仕事や役割、彼女自身のキャリアについて語ってもらった。(全4回)第2回乙部流「広報の仕事」 All About 特集「ライブドアvsフジテレビ」

第1回目は、元々航空会社の客室乗務員だった彼女が、どうやって広報担当者に転職したのか話を聞いた。なんとパーティーの席上で、ライブドア堀江貴文社長(ガイド記事)に直訴したのだという。「自分の道は自分で切り開く」彼女のキャリア術とは?

今後のアップ予定
・第2回 アップ済み 日本一有名な広報担当者「広報担当の使命とは?」
・第3回 アップ済み 乙部綾子さん「ライブドア、文具は個人負担?」
・第4回 アップ済み 今だから話せる「ニッポン放送の舞台裏」

Contents
1.『スチュワーデス物語』に憧れて
2.外資へ転職「最初はケンカもした」
3.客室乗務員時代学んだホスピタリティ
4.憧れの仕事を辞めた理由
5.レセプショニストも経験
6.やりたい仕事を優先する「派遣」という選択
7.人生を変えた「堀江社長への直訴」
8.相手に迫るアピール術
9.やりたい仕事ができるなら、会社はどこでも構わない

『スチュワーデス物語』に憧れて

―――まずは乙部さんのキャリアについて教えていただけませんか? 御社のホームページで拝見しましたが、新卒の就職試験は2社しか受験しなかったそうですね。
乙部:小学校のとき『スチュワーデス物語』を見て、ずっとスチュワーデスに憧れていました。やりたいことが決まっていたので、その2社以外興味が持てなかったのです。All About 飛行機「憧れのスチュワーデスをめざすには?」

―――採用試験はかなり難関と聞いています。合格した秘訣は?
乙部:笑顔、かな(笑)

―――客室乗務員としてのキャリアは?
乙部:日系エアラインに3年数カ月いて、その後外資系エアラインで1年ほど勤務しました。国内系の会社にいた頃は、最初はドメス(国内線)でしたが、途中から国際線に異動して、ソウル線や香港線などを担当しました。