メンバーをグっと導く5つのスキル

様々なリーダーシップのアプローチがありますが、結局のところ、リーダーシップとはメンバーを統率していく力に他なりません。つまり、フォロワー(部下やチームメンバー)をグっと導くためには何が必要か、そのために必要なリーダーシップスキルは大きく5つに分かれます。

この考え方は、ガイドのメンター的存在である新将命さんの考えがベースとなっています。様々なリーダーシップ論の中でも、ガイドが知る限り、最も納得性と実効性の高い方法論でしょう。リーディングカンパニー数社でのトップマネジメントとしてリーダー実務経験から醸成された新さんのリーダーシップ論は、圧倒的な説得力があります。その方法論とは次の5つです。

1. 方向性を示せ!
2. ストレッチした納得目標を作れ!
3. 正しい権限委譲を!
4. 8褒め2叱りを実践せよ!
5. 公正な評価と処遇を!

次に、それぞれの方法論について解説します。

1. 方向性を示せ!

リーダーたるもの、明確なビジョンを的確に伝えることが必要だ

リーダーたるもの、明確なビジョンを的確に伝えることが必要だ

まず、1つめが組織のメンバーに対して方向性を示すということです。方向性はビジョン・目標・戦略の3本柱で構成されています。ビジョンとは10年後こういう風にありたい、5年後にはここまでたどり着きたいというものです。組織にとっての理想像や目的地、もっというと組織にとっての「夢」などがビジョンにあたります。

そのビジョンをもう少し落とし込んだもの、そこに数字がプラスされることでその組織の目指すゴール、つまり目標が決まってきます。数字が組み込まれることで、ビジョンという定性的なレベルから、より具体的な定量的なレベルへと変わってきます。

そして、目標が設定されたらそこにたどり着くための戦略、つまりはたどり着くまでの道筋を示すことです。このビジョン・目標・戦略の3点から方向性を示すことができます。リーダーたる者、この3点を組織のメンバーにしっかり示すことが必要であり、これはトップである社長のみならず、部長、課長、係長でも同じことです。

逆に、方向性が見えないと組織内に3H(疲労感・疲弊感・閉塞感)がもたらされてしまいます。方向性が見えていることで、メンバーとしてもそこに目標達成のためのエネルギーを集中させることができ、モチベーションを維持することができます。