サラリーマンの時代は終焉を告げ、ビジネスプロフェッショナルの時代に突入しました。これからますます、プロセスを含めた成果責任を負うようになるでしょう。アスリートの世界では、よく「心・技・体」と言う言葉が使われます。

「心・技・体」でリーダーシップを考える


テニスのスーパーショットは、日頃のたゆまないトレーニングでいい筋肉を維持管理している体(体力)、場数や経験により培われる心(瞬時の状況判断力)、練習により培われる技(技術力)が三位一体となって生まれます。

日本のプロサッカーの第一人者で今も現役選手としてサッカー界をリードしている三浦知良選手も、「ゴールとは心技体の結晶である」というテーマで日経新聞のコラムを書いておりました。

ビジネス界も帰属社会から契約社会へシフトしつつある日本において、それぞれの業種や職務におけるプロがますます求められています。今回は成果を出すプロとして生きるための指針を「心・技・体」という切り口で考えていきます。

まずは自分をリードすることから始めましょう。

体でリードするということ

ベストコンディションでなければ成果が出ないものです

体調がベストコンディションでなければ成果は出ないもの

ビジネス界において、体でリードするということは一部の特定の仕事以外ではやや違和感があるかと思います。人をリードするというよりも自分をリードするという解釈です。

いくら逸材の方でも体を壊してしまえば戦略外通告を受けてしまいます。そういう意味では、プロとして基本的な自己管理能力という意味合いで捉えましょう。

体力や健康維持管理における自分自身のルーチンを決め、あとは規則的に生活すること。エグゼクティブになる方はフィジカルもメンタルも強いものです。

以下、参考までに明日からできるお薦めの行動習慣を記述しておきましょう。
  • 朝一番で、体重計に乗り、体重と体脂肪をカレンダーに毎日記録する
  • 適度な飲酒を心がける。深酒はせず、一次会で帰宅する
  • 生活の中に有酸素運動-歩くことを取り込むようにする(例えば、歩数計を持ち、毎日1日1万歩を目標に生活する)
  • 就寝前や起床後のストレッチや腹筋運動や腕立て伏せを日課とする
実はガイドの私がやっていることです。誰でもすぐにできる内容です。

次は、人をリードすることに話を移しましょう。