とうもろこしのひげ根は、むくみや生活習慣病にオススメ!

イメージ
いままで捨ててしまったひげ根。漢方ではお料理やお茶に大活躍!
とうもろこしのひげ根は「玉米鬚」(ぎょくべいしゅ)という立派な生薬です。水分代謝をよくしてむくみに利用したり、コレステロールを下げる作用もあるので、高脂血証対策にもいいですね。

余裕がある場合は、2~3日干して利用するといいでしょう。薬効が高まり、甘みも増します。煎じてお茶にして飲んだり、スープや炒め物にいれてもいいダシになりますよ。

なお、とうもろこしはおしべの絹糸(ひげ根)の先について実を結ぶので、ひげ根の数だけ実があります。ひげ根のふさふさしたものを選ぶと、実がいっぱい! ぜひ買うときの参考にしてくださいね。


ちなみに記事でかけなかった裏話や漢方&薬膳の豆知識などは、ガイドメルマガでもご紹介しています(登録は無料♪)。夏本番を迎えたら、花椒の効いた「夏のトマト麻婆」もいかがでしょうか?


オススメの関連漢方記事