独立準備1:自分を知る

独立を決意したら、準備段階へ進みましょう!独立前に、個人事業に必要な知識、計画など、準備すべき事をやっておくと、独立後に得られる成果が大きく変わってきます。

独立創業開業
【1】キャリアの棚卸で発見できるもの
独立準備の一番最初にやっておきたいことは、“自分の強み”を知ることです。そこで、ご紹介するのが「キャリアの棚卸」。自分のアピールポイントや得意分野を、発見したり再確認できます。


独立創業開業
【2】自分に合ったワークスタイルとは
独立を成功させるには、自分の性格や仕事内容、ライフスタイルに合ったワークスタイルを選択することが重要です。そのためには、自分がどんな指向タイプかを、見極めておくことが必要です。


独立創業開業
【3】3年後の自分の姿、見えますか?
3年後、5年後どうなっていたいか。将来の自分の姿、目指すキャリアビジョンを、独立の準備段階で描いておきましょう。独立後、それが大きな指針となって進むべき方向を示してくれます。


独立創業開業
【4】個人でやるか、会社を作るか?
フリーで独立するにあたって、どんな事業形態で仕事を行うか、その選択肢は広がっています。自分の適正やタイプ、職種や仕事のやり方、将来のキャリアプランから、適切な方法を考えてみましょう。


独立創業開業
【5】得意先は独立前に確保しておこう
取引先を持たずに独立開業すると、仕事を受注する前に資金ショートするなんてことにも。そんな失敗を避けるために、何をしておくことが必要か。「独立開業の実態調査」を交えてご紹介します。


独立創業開業
【6】取引先を、どう開拓していくか?
独立後、どんな企業とどのように取引するか、それぞれに一長一短があります。営業開拓するにあたり、自分にとってのメリット、デメリットを考えておきましょう。


独立準備2:自営計画を立てる

独立するにあたっては、たとえフリーランスでも「事業計画書」を作成することが必要です。目標年収を設定して、それをクリアするためには、どのように仕事をしていったらよいか、実行プランを立てていきます。

独立創業開業
【1】“計画倒れ”に終わらせない!!
独立準備の最終ステップは「自営計画書」の作成です。独立の夢や将来ビジョンを、「絵に描いた餅」や、“計画倒れ”に終わらせないために、計画の立て方やそのポイントについてお話します。


独立創業開業
【2】売上と利益の関係を理解する
独立準備の最終段階で、重要となるのは、“どのくらいの売上があれば、どのくらいの利益がでるのか?”自分の仕事を数字で掴んでおくことです。そのためには、売上と利益の関係をしっかりと理解しておいて下さい。


独立創業開業
【3】毎月の固定費を算出しておこう
現在の生活を維持するには、毎月どのくらいの収入が必要ですか? 逆にどのくらいの収入がなければやっていけないか、その金額を「固定費」として掴んでおく必要があります。


独立創業開業
【4】自分の年収は、自分で決める
独立したら、年収は自分で決めるものです。仕事は取引先次第、売上は成行きと考えていると、いつまでたっても安定しません。目標年収を獲得するためには、どのくらいの売上が必要となるのかを計算しておきましょう。


独立創業開業
【5】仕事の値段のつけ方
独立したら、年収は自分で決めるものです。仕事は取引先次第、売上は成行きと考えていると、いつまでたっても安定しません。目標年収を獲得するためには、どのくらいの売上が必要となるのかを計算しておきましょう。


独立創業開業
【6】売上計画を立てる
独立したら目指すは年収○○万!それを可能にするには、綿密な売上計画が必要です。何をどれだけやったら、目標の年収を稼ぎ出せるか、考えておきましょう。


【関連記事】
独立すると、税金・保険・年金はどうなるのか? 基礎知識をインプットしておいてください。

独立創業開業
フリーの税金・保険・年金の基礎知識【1】
フリーになると、どんな税金を支払うことになるのか、会社員の場合とどう違うのかを、基礎知識としてインプットしておきましょう。


独立創業開業
フリーの税金・保険・年金の基礎知識【2】
保険、年金は、独立してフリーになると、どうなるのか? それらを知ると、いかに備えが必要になるかが分かります。


さあ、いよいよ具体的な準備に取り掛かりましょう。「開業準備編」へ >>



ガイドおすすめ書籍

独立成功完全マニュアル一歩踏み出す前に9割が決まる!フリーランスの独立マニュアル」の内容を収蔵。会社を辞める前に、独立する前にぜひ読んでいただきたい「独立成功への教本」です。独立準備から独立1年目をどうクリアしていくかへ絞り込んで、細かく解説しています。
⇒詳しくはコチラから