会社員からフリーになると、税金はどう変わる?

会社員の間は、自分がいくら税金を払っているのか、たいして気にもとめないでいるのではないでしょうか。給料明細の控除額を見て、“相変わらず引かれているなぁ~”と思いつつも、チェックするのは、今月の手取金額という具合に。

しかし、独立すると、所得税の納税額の計算から、その納付までを全て自分で行うことになります。フリーになると、どんな税金を支払うことになるのか、会社員の場合とどう違うのかを、基礎知識としてインプットしておきましょう。

個人事業主が払う税金

画像名


注意しなくてはいけないこと!

フリーに必須のビジネススキルの連載「コスト意識を持とう!」で書きましたが、上の表の通り、会社員は、税金を天引きされた金額が、給与(手取り額)として銀行へ振り込まれます。

しかし、フリーになって個人事業主となると、銀行へ振り込まれる金額は、「売上」であって、全て使えるお金ではありません。そこから、経費や税金、健康保険・年金を支払っていかなければなりません。そこを勘違いしないように注意が必要です。

「初めての青色申告ガイド」が本になりました!

図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告
フリーランス仕様の青色申告ソフト付(Win)です!節税の第1歩は青色申告から! しかし、複式簿記での帳簿作成は、経理ビギナーにとってかなりの難関です。 でも、仕入・在庫がないフリーランスの経理は、実はとってもシンプルです。

そこで、経理が苦手な方でも、3日で複式簿記を攻略して、青色申告特別控除65万円を獲得できる「フリーランスのための青色申告ソフト」を開発! 「図解 フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」の読者特典として、リリースしました(※ダウンロードサイト)。2006年に出版後、多くの皆さんにご支持いただき、お陰さまで【改定版】が発売となりました。この1冊で、青色申告が確実にクリアできます。是非ご活用ください! ⇒詳しくはコチラ


>> この続きはフリーの税金・保険・年金の基礎知識【2】へ
保険と年金はどうなるか?


■関連記事・リンク集
「青色申告」と「白色申告」の違いとは?
青色申告するために必要な手続
初めての青色申告ガイド【前編】
初めての青色申告ガイド【後編】
【特集】確定申告ガイド

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。