脳も夏バテしてる?!

夏バテ
今年の夏は、記録的な猛暑になりました。暑さで体にはかなりの負荷がかかっているはず。夏バテのサインを見逃さず、早めにケアをしましょう!
暑さや湿気がつらい夏の時期、こんな症状は出ていませんか?

・朝から体がダルくて、やる気がイマイチ
・パソコンへ向かっても、すぐ疲れる
・集中力が低下、仕事がはかどらない

これは、夏バテしているサインです。

夏は、身体が上昇した体温を下げようとするために冷たい飲み物を欲します。特に、大量に汗をかいた後は、のどが乾いて炭酸飲料やビールを一気飲みしてしまうことも。飲んだ一瞬は気分爽やかなのですが、冷たい飲み物は身体に吸収されにくい上、胃腸を冷やして消化吸収機能を低下させてしまいます。するとだんだん食欲がなくなり、食事もあっさりしたものになりがちです。

仕事に向かっても頭がぼーっとして、集中力や持続力がダウンしてしまうのは、暑さから一時的に体の機能が低下したり栄養不足の状態になっているためです。また、水分をうまく補給できないと、体内の水分が不足して、脳の血流も悪くなります。すると、ますます脳の働きが低下してしまいます。加えて、熱帯夜で十分に睡眠がとれないことが、追い討ちをかけます。

夏バテの原因によって対処法が違う

夏の体調不良は「夏バテ」とひとくくりにされがちですが、その原因には、暑さによるいわゆる「夏バテ」とクーラーが原因となる「冷房病」とがあります。

不調を引き起こす原因によって、その対処法が違ってきますので、「どうも調子が悪い」と思い当たる方は、その原因をチェックして、早めにケアを! 元気に過ごすためには、健康管理が第一。こまめなメンテナンスが大切です。

■暑さによる夏バテの原因
・冷たいジュースや炭酸飲料、ビールをよく飲む
・食欲がないので、食事は簡単なもので済ませる
・甘い物が好き
・夜が暑くて睡眠不足
・生活は不規則

■対処法
・冷たい飲み物は厳禁!
夏バテ気味の体には、冷たい飲み物は厳禁です。ますます胃腸の働きを悪くさせます。できるだけ、温かい飲み物を少しずつ摂るようにしましょう。大量に汗をかいた後は、水分と一緒に塩分を摂ることも忘れずに。

・夏野菜、果物から水分&ミネラルを補給!
水分補給には、新鮮な夏野菜や果物もあります。夏野菜の中で、夏バテに有効なビタミンやミネラルが豊富に含まれているのがスイカです。血管を拡張して血流をよくする作用があると言われ、最近注目のシトルリンが含まれています。

・疲労回復にはビタミンB!
夏場は、ビタミンB1が他の季節より2~3倍消費されて不足がちになります。不足すると、体内に摂取された栄養をエネルギーに変えることができません。ビタミンB1を豊富に含む食品には、豚肉、うなぎ、大豆、玄米、ほうれん草、ごまなどがあります。アリシン(ニンニク、ニラ、ネギ、玉ネギなど)を含む食品と一緒に食べるとビタミンB1の吸収が良くなります。クエン酸(レモン、グレープフルーツ、梅干など)には、疲労の原因となる乳酸を排出する機能があります。栄養素は食事から摂るのが理想的ですが、十分に摂れない場合は、サプリメントの利用も効果的です。