成功哲学でよく言われることの中から、フリーランスで成功するために“これは絶対必要!”と思う項目を7つピックアップしてみました。

最近どうも調子が悪い、思ったようにうまくいかない、なかなか仕事が軌道に乗らない、と感じることがあったら、その流れを好転させるために、ぜひ、1つ1つチェックしてみてください。

1.今の自分に“自信”を持つ

自分が、自分をどう評価しているか、それはとても重要なことです。
つまり、今の自分に自信を持てるかどうか。

仕事で大きなミスをしたり、思うようにいかないことが続くと、誰も自信をなくします。そして、その状態がさらに続いていくと、“何をやってもうまくいかない”と思いがちです。そうして、すっかり負け癖がついてしまうと、自分に自信が持てなくなってしまいます。そうなると、本当に何をやってもうまくいかなくなります。それは、“きっと、また同じ。うまくいかない。”と、悪い結果をイメージして、やる前から自分で結論づけてしまうからです。

逆に、自分に自信があれば、少々のトラブルや他人から批判を受けようとも、深く落ち込むことなく、それらのマイナス要素もプラスに変換していくパワーが出てきます。

ここで、考えてみたいのは、自分を過小評価し過ぎていないかどうかです。実際には、周りから評価されているのに、その人自身はそう思っていないケースがあります。それは、自分のセルフイメージを必要以上に低くしていることになります。

自分のことは、先ず自分が信頼してあげましょう。“自分を信じる力”によってセルフイメージを高く持つことができます。すると、物事に取組む姿勢は、大きく変わっていきます。

【関連記事】
世界に1つ!“自分ブランド”で輝け [All About 1億円の資産を作る]
自分ブランドを持つ人は、競争とは無縁の世界を作り出し、自分らしく自由に生きることが可能になります。では、そのために何をどう考え行動すればよいのでしょうか?

2.事実を前向きにとらえる
思考パターンと習慣を身につける

誰にも思考パターンというものがあります。この思考回路が、前向きになっているか否かで、大きな差がでてきます。独立して仕事をやっていくと、いい時ばかりではありません。「泣きっ面にハチ?」と思うようなことが度重なることもあります。目の前で起こっている出来事を、どう受け止めるか、そこで、(その人にとっての)事実が規定されます。要するに、受け止め方1つ。いかようにもなるのです。

フリーランスでやっていける人は、仕事がデキル人でも能力が優れている人でもありません。何があっても、前向きに転換して、次のアクションに移れる人です。ここがうまくいかずに、フリーランスをやめていく人がたくさんいます。

テクニックとしては、自分なりの“気持ちの切り替え法”を見つけて、それを習慣にしてしまうことです。ストレス解消などというその場のごまかしではなく、キチンと気持ちを立て直し、次の行動へ移れるようにすることが大切です。

【関連記事】
メンタルトレーニング
ココ一番に強くなる、メンタルトレーニング
同様の力を持ちながら、ココ一番で実力を発揮してチャンスをモノにできる人と、うまく行かない人がいます。その違いはメンタルにあります。普段から簡単にできる、メンタルの鍛え方をピックアップしました。


次ページへ続きます>>