「後悔」はせずに、「反省」をしよう!

後悔せず反省しよう
「後悔」するのでなく「反省」することが成長の鍵

人間誰でも失敗をすることがあります。「あぁ、やるんじゃなかった……」「失敗だった……」と、「後悔」することもよくあるのではないでしょうか。

「後悔」と似た言葉で「反省」という言葉がありますが、この2つの違い、わかりますか?

三省堂の大辞林によると、「後悔」とは、「あとになって悔やむこと」とあります。一方で「反省」とは、「振り返って考えること。過去の自分の言動やありかたに間違いがなかったかどうかよく考えること」とあります。

「後悔」というのは、字の通り「後ろ向きに悔やむ」だけなのですが、「反省」というのは、実は「将来に向けて、改めること」なのです。

私自身もコンサルタント時代に、全く仕事で成果が出せず、何を提案してもダメな期間が半年近く続いたことがあります。そんな時はだいたい、「成果が出ないから、気分が乗らず、仕事を頑張れない。仕事を頑張れないから、成果が出ない」という風に、悪循環してしまっているものです。

まず大切なのは気持ちの持ち方です。昔からのことわざで「後悔先に立たず」という言い伝えがあるように、終わってしまってからではどうすることも出来ません。

くよくよと思い悩むよりも、「後悔はしない!反省をするんだ!」と、前向きに気持ちを切り替えて、「将来に向けて、改める」という意識を持つことが、ダメ人間脱出の第一歩なのです。

1日3回の「お手軽ひとり反省会」

「反省」することの大切さは頭ではわかっていても、なかなか実践出来ないものです。そこで皆さんに、1日の3つのタイミングで、5分ほどで実践出来る、お手軽な「ひとり反省会」を3つご紹介します。

(1)ミーティング後に「ラップアップ」をする
(2)帰る前に「アウトプット報告」をする
(3)寝る前に「To Doリストのアップデート」をする

この「反省会」は、コンサルティングファームなどでは「チームとして」毎日あたりまえのように行っている習慣を、「ひとり用」にアレンジしたものです。ぜひ、皆さんも「習慣化」して、毎日実践して下さい。

まずは「ラップアップ」について、具体的に次ページで見てみましょう!