フリーランスの独立マニュアル
【 独立準備1:自分を知る 】

▼連載のバックナンバー:
【連載】フリーランスの独立マニュアル 目次へ

【 独立準備1:自分を知る 】
【1】キャリアの棚卸で発見できるもの
【2】自分に合ったワークスタイルとは
【3】3年後の自分の姿、見えますか?
【4】個人でやるか、会社を作るか?
【5】得意先は独立前に確保しておこう


【6】取引先を、どう開拓していくか?

前号のコラムで、“独立する前に得意先は確保しておこう!”とお話をしました。しかし、「個人事業主(サービス業)の独立開業に関する実態調査2004」によると、実際には約6割の方は、独立後に営業活動を行って取引先を新規開拓しています。

それでは、どんな企業とどのように取引をしていくのが自分にとって最適か、合わせて考えておきましょう。


どのような会社と取引をするか


新規取引先を開拓する場合、営業先となる会社を、広告業界を例にとってみます。

■営業先:広告業界の場合
・クライアントとなり得る一般企業
・広告代理店
・制作プロダクション
・印刷会社の制作部門
・クリエイターエージェンシー、人材派遣会社 等

自分の専門性や、得意な業界(業界知識、経験)がある場合、企業と直接契約をして外部スタッフ、業務のアウトソーシング先として仕事を行うのも1つの方法です。クライアント企業と直接取引ができれば、間に介在するところが無い分、一番ストレスがないように思います。実績を積み重ね、信頼関係を築きあげていけば、安定した取引が期待できます。しかし、その場合には、業務をこなすほかに、取引条件や金額の交渉、営業フォローも自分で行わなければなりません。時には、トラブルの責任問題をめぐって、交渉するような場面も出てきたりします。

広告代理店制作会社を何社か得意先として確保できれば、そこから継続的に仕事を受注していける可能性もあります。ただし、仕事量が増えて、自分が元請けとなり、スタッフを使って仕事を行う場合は、外注スタッフや仕事仲間に対しての金銭的なリスクをも、自分が全て追うことになります。その場合は、業務に対する責任だけでなく、当然、支払いの資金繰り運転資金(売上の入金前に支払がある場合に要する立替え金)も必要となってきます。

また、最近は、クリエイティブ職や専門職に特化したエージェント人材派遣会社が増えています。営業が苦手な場合、業務に集中したい場合には、そういった企業へ登録して、派遣社員あるいは、プロジェクト単位の契約スタッフとして、仕事を行うという方法もあります。

※契約スタッフ:一定の期間を設定して業務にあたり、報酬を受ける業務形態。プロジェクト契約、年間契約等。派遣会社やエージェント会社が受注した案件を、登録しているフリーランスへ業務委託するケース。

派遣会社のメリットには、福利厚生や社会保険の充実があります。デメリットは、収入は確保できますが、複数の会社と平行して取引ができなくなり、自由度は下がります。どこと取引するかによって、それぞれに一長一短があります。どのような取引関係が、自分にとってメリットになるかを見極めておくことが重要です。

以上を検討したら、現在確保している得意先、知人・友人から紹介してもらえそうな企業、それに加えて、営業アプローチしてみたい企業をピックアップして、営業先リストを作成してみましょう。


下請ではなく、パートナーシップで仕事をしよう!


取引先の開拓
頼られる存在になりましょう!
取引先をいくら確保できても、売上が見込めても、下請的な立場で仕事をしていくと、最終的には行き詰まります。しかも、売上高は発注先の企業に完全に依存することになります。取引先を探す時には、自分の描くビジョンやキャリアプランに沿って、理想的な企業と取引が実現できるように極力努力をしましょう。そして、パートナーとしての立場で、是非仕事をしてください。

そのためには、“何でもやります”“頼まれた仕事は、何でもこなします”という営業スタンスはNGです。この分野は、この仕事は、という自分の“売り”を明確にして、それを売込んで仕事を作っていくことが大切です。

ガイドおすすめ書籍

独立成功完全マニュアル一歩踏み出す前に9割が決まる!フリーランスの独立マニュアル」の内容を収蔵。会社を辞める前に、独立する前にぜひ読んでいただきたい「独立成功への教本」です。独立準備から独立1年目をどうクリアしていくかへ絞り込んで、細かく解説しています。
⇒詳しくはコチラから


>> 次章 【独立準備2:自営計画を立てる】

>> 【連載】フリーランスの独立マニュアルの目次へ

■関連記事・リンク集
フリーランス・個人事業の始め方マニュアル
独立開業へステップ by ステップ
フリーランスの独立・開業手続
初めての青色申告ガイド
クリエイターのための自営学

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。