Gyaoの快進撃が止まらない!

無料で映画やアニメ、スポーツ、バラエティーなど多くの動画を配信するインターネットテレビ局Gyaoの会員が870万人を突破しました。(2006年4月11日現在)Yahoo!やBiglobeなど大手ポータルサイトも同じように無料の動画を提供していますが、Gyaoはなぜこのような大手ポータルサイトを押しのけてヒットしたのか?そして今後のサービスはどうなっていくのか?

今回はその裏側に迫ってみたいと思います。

<<Contents>>
■今更聞けないGyaoって何?(1ページ目)
■Gyaoがダントツに会員数を伸ばした秘密とは?(2ページ目)
■Gyaoは無料なのにどうやって儲けているの?(3ページ目)
■Gyaoは今後有料に移行するのか?(3ページ目)


今更聞けないGyaoって何?

無料動画配信サイト『Gyao』
パソコンとブロードバンド環境があればどこでも映画やドラマが楽しめるGyao。
みなさんはGyaoってご存知でしょうか?Gyaoとは先日ライブドアの株式をフジテレビから個人的に購入して時の人となった宇野社長率いる株式会社USENが運営する無料動画配信サイト。配信される動画は非常にお堅いニュース・ビジネスから、最新の映画、音楽、ドラマ、スポーツ、果ては軟らかめのアニメ、バラエティ、アイドル・グラビアに至るまで実に14チャンネルものジャンルにわたります。視聴者は時間や場所を気にすることなくパソコンとブロードバンドに接続できる環境があれば、いつでも、どこでも、自分の好きな番組が楽しむことができるのです。

Gyaoは2005年4月6日の試験放送開始からわずか4ヶ月で200万人の会員を獲得。1年後の2006年4月現在では会員数が870万人を突破するなど急激な成長を遂げています。開始直後の目標は視聴者1000万人ですから、この目標も今年の上半期には軽く達成してしまう勢いです。

Gyaoの急激な会員増の背景には魅力あるコンテンツや価格設定など巧妙なマーケティング戦略があった!詳しくは次ページをご覧下さい。