会社でもお部屋でもできるストレッチで疲れを癒す

長時間のデスクワークやPC作業などで体が縮こまっている場合、さまざまなコリや痛みを招きます。首の周囲の筋肉に疲労が溜まったり、背中の筋肉が緊張するなどの症状をほおっておくと、肩こりが解消できず疲れが蓄積してしまうので要注意!

前屈が苦手な人はヒザを曲げても大丈夫!効果はバツグンですよ

前屈が苦手な人はヒザを曲げても大丈夫! 効果はバツグン!

そんな症状の予防に効果があるのは、やはりストレッチ! 緊張した筋肉をリラックスさせることで、血行とコリが改善され、心も体もホッとします。

マットがなくてもできるので、お部屋やオフィスなど、ちょっと疲れたなと思った時にいつでもトライしてみましょう。


肩と首を緩めると、眼の疲れまでスッキリ解消!

肩こりをほぐしてくれる「ツルのポーズ」を紹介します。オフィスなどの外出時は、2のポーズまで行ってください。

※ヨガをはじめて行う方は、「ヨガをはじめる前の心構えと基礎知識」「心と体を美しくするヨガの呼吸法」をご覧ください。

j


 

1. 脚を腰幅に開いて背筋を伸ばして立ち、
両腕を背中に回し手の平を組む。

 

2

 

2. 息を吐きながら、背中と床が平行になるよう股関節から体を前に倒す。太ももや股関節が硬い人は、ヒザを曲げてもOK。

 

g

 

3. 息を吐きながら、おでことヒザが近づくようさらに前屈し、この姿勢で5回深呼吸を繰り返します。

肩をほぐしたいのでヒジはできるだけ伸ばしましょう。ヒザは曲がっていても大丈夫です。

 

1日の終わりにこのポーズで疲れを癒せば、体がスッキリするのでオススメです!

【ガイドのおすすめヨガポーズ!】
■たるんだウエスト緊急リセットのヨガポーズ
■冷え症を改善するおすすめヨガポーズ

・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・ポーズの目的は病気やケガの診断・治療・回復ではありません。
・エクササイズの最中に異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・事故やケガ等についてはオールアバウトは一切責任を負いかねます。ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でヨガ用品を見る

Amazonでヨガ用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。