ジャスミン

ジャスミンの魅惑的な香り

ジャスミンの魅惑的な香り


(Jasminum officinale)
モクセイ科のつる性木本
溶剤抽出法にて採油

ジャスミンは白い花がとても芳しい植物。甘いような、シトラス系の酸味があるような・・・。複雑な香りです。ローズ同様、花の精油として確固たる地位を確立している精油界の王様、といったところ。たくさんの花から少しのオイル分しか採れないため高価で貴重な香りです。有機溶剤を使用して採取したことを表す「アブソリュート」という呼び方をジャスミンの後につけて「ジャスミン・アブソリュート」と呼ばれます。

アロマテラピーでは主に2種の精油があります。ひとつはタイトルに書いた学名(Jasminum officinale)の一般的なもの。もうひとつは、過去に取りあげたことがあるジャスミン・サンバックという種類。サンバックは中国、台湾でジャスミンティーのフレーバーとして使われます。
 

ジャスミンのアロマ効果

https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/7/4/8/0826a.jpg
ムーディーな雰囲気作りに一役買います。
いわゆる「催淫剤」として古くから知られるジャスミンの香り。パートナーと一緒にマッサージすれば、濃厚な花の香りに包まれて幸福な感じを覚えます。ジャスミンは精神を高揚させるため、うつうつとしたときや落ち込んだときに好ましいでしょう。

香りを嗅ぐと脳内に神経伝達物質の一種であるエンケファリンが放出されるという話も。エンケファリンは快感物質といわれる脳内ホルモンです。ジャスミンは心に自信や暖かみを回復する助けになります。

またジャスミンは古くから医療でも使われてきた植物でもあります。たとえばインドでは血液をきれいにしたり、中国では赤痢や肝炎に使われたとか。また子宮の働きを強めるともいわれます。生理痛におすすめです。


◆注意
ジャスミンアブソリュートは濃いオレンジ色~赤褐色をしています。ハンカチなどに落とすとシミがつきます。何度か洗濯すれば目立たなくなりますが、完全に落ちないこともあります。


◆ガイドからひとこと提案
女性ならジャスミンは日頃まとっていたい香りのひとつ。女性としての魅力をひきたてます。夜おでかけするときの香水にぴったり。秋風に吹かれるころ、ジャスミンの香りでディナー。彼はアナタに、月夜にほのかに浮かぶ月のような不思議な魅力を再発見するかもしれません。デートに是非!
◎香水の作り方は⇒ コチラ

参考文献
『アロマテラピーのための84の精油』ワンダー・セラー著 高山林太郎訳(フレグランスジャーナル社)
『アロマテラピーマッサージ・ブック』クレア・マクスウェル=ハドソン著 前田久仁子訳(河出書房新社)

【関連記事】
・リフレッシュ効果のあるアロマオイル集
・アロマオイルの酸化は危険! オイルの正しい保管法
・アロマテラピーに必要な道具…オイルのブレンドには何を使う?
・アロマバスボム入浴剤の作り方!精油や重曹で簡単手作り
・アロマオイル(精油)を使った手作り入浴剤の作り方!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。