広いカナダを満喫する、モデルコースの作り方

国土面積は日本の27倍と広~いカナダ。しかし、見るべき観光ポイントは比較的集中しており、ポイントをしっかり抑えれば、広いカナダとはいえ、比較的効率よく回ることができます。
カナダの象徴、メープルの木。大いなる自然がいっぱいです。(C)Tourism Quebec

カナダの象徴、メープルの木(C)Tourism Quebec

カナダの移動は東から西へ

カナダの主な見所はナイアガラやメープル街道を中心とした東部地方と、カナディアンロッキーバンクーバーを中心とした西部地方。これらのエリア内での移動時間は最大でも2時間程度。ただし、東から西、たとえばナイアガラからカナディアンロッキーに移動するとなると、1日かけての移動となります。

広い国土のため、国内でも時差のあるカナダ。長距離の移動ではこれも重要な要素です。例えば、ナイアガラとカナディアンロッキーの移動。双方の最寄空港のトロントとカルガリーはフライトで4時間の距離なのですが、この間の時差が2時間。

例:トロント10時出発→カルガリー14時到着。ここで時計を2時間戻すので、カルガリーの到着時刻は12時に。

このように時差を越えて移動すると、その分1日が長くなるので旅程を組む際には、常に東から西を意識すると有効に時間が使えます。しかし、西から東に進むと逆のことが起こります。つまり2時間プラスしなくてはいけないので、2時間損してしまう計算(実際に損するわけではありませんが)。

+アメリカのプランも!

カナダはアメリカと国境を接しているので、ナイアガラのように橋を渡るとアメリカ、なんて場所もあり、カナダとアメリカのオイシイとこ取りも可能! たとえば、ナイアガラはニューヨークまで最寄空港のバッファローから1時間15分のフライト。カナディアンロッキーはラスベガスまで最寄空港のカルガリーから2時間40分のフライトと、移動時間も苦にならないほどの距離。アメリカとの組み合わせで、バリエーションはさらに広がります。

というわけで、おススメのカナダ旅行のモデルコースについては、以下リンクよりどうぞ。

カナダ西海岸ビクトリアとバンクーバーの4泊6日プラン
ナイアガラ、ロッキー、バンクーバーを周遊、7泊9日
ナイアガラの滝とメープル街道をまわる6泊8日
ナイアガラとイエローナイフのオーロラを見る4泊6日
3泊で内容充実! イエローナイフのオーロラ3泊5日
北米三大絶景を最短8日間でまわる
3泊でOK!日本から一番近い北米都市バンクーバー
6日間で楽しむ! ナイアガラとメープル街道早まわり
ナイアガラの滝とニューヨーク4泊6日
ナイアガラの滝とトロントを駆け足でいく3泊5日

子連れ旅行には以下のモデルコースがおススメ!

子連れで行く!ウィスラーとバンクーバー4泊6日
子連れで行く!カナディアンロッキー4泊6日
子連れで行く!カナダ・ユーコンのオーロラ観賞3泊5日

カナダは季節により気候が大きく変動し、それぞれのコースに旬のシーズンがあるので、各コースには、おすすめシーズンを記しました。旅行の予定を立てる目安にどうぞ。気候についてはこちらの記事もご参考に!>>>カナダの季節(気候)・イベント
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。